講座紹介

ホーム 講座紹介 海外大学・リベラルアーツ授業準備講座

海外大学・リベラルアーツ
授業準備講座

University 1 Class

受講基準

受講基準TOEFL iBT®Test80点以上、IELTS® 7.5 以上

こんな人におすすめ

海外難関大への進学を
希望している

海外大と同じ環境に
身を置いてみたい

英語での
プレゼンテーションや
議論のスキルを高めたい

目標

幅広いトピックについてプレゼンテーションとディスカッションができる

志望大・
学部の例

世界トップ大/上智大学国際教養学部/早稲田大学国際教養学部/Wesleyan University(ウェズリアン大学)/University of Toronto(トロント大学) など

リベラルアーツの授業を体感し、
本質的に「使いこなせる英語」力を磨く。

GLCの「海外大学・リベラルアーツ授業準備講座」はテストで得点することよりも、海外大や上智大学国際教養学部・早稲田大学国際教養学部・ICUといった国内国際教養大で行われるリベラルアーツの授業を体感し、ディスカッションやアカデミックなプレゼンテーションを繰り広げるためのスキルを磨くことを主な目的としています。政治・経済から哲学・音楽まで、様々なトピックについて講師や仲間らと英語で語り、本質的に「使いこなせる英語」力を磨きましょう。

教えるのではなく、議論の活性化を促すことで、
生徒自身が根拠を持って意見できるようサポート。

TOEFL対策だけでなく、大学で学ぶアカデミックなトピックから最新の時事トピックまで様々な素材を扱います。まずは記事や動画でテーマを理解した後、講師が投げかける問いについて仲間と共に熱い議論を交わします。生徒は自分の言葉で論理的に意見し、他者の意見を尊重して賛成・反対をする積極的な姿勢が求められます。講師は‘教える’のではなく議論の活性化に努め、答えのないテーマについて各生徒が根拠をもって自分の立場を確立していけるようサポートします。

担当講師
Scott McCleary 他
受講者の声
学校の受験勉強と全然違う。英語を勉強するというより、英語で勉強している感覚を初めて味わえて嬉しい。
講師のDevil’s Advocate(※議論を深めるため、講師があえて批判的な立場をとること)が面白くて、会話が途絶えない!
英語と関係なく、テーマ自体が興味深く知識が深まる。元々興味があるテーマでも、議論を通じて見方が変わったりする。
使用予定教材
GLCオリジナル教材

ニュースの記事、プレゼンテーション動画など、あらゆる素材を利用します。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます