TOEFL®Test対策基礎知識

ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 日本の大学における「外国語学」とは?

日本の大学における「外国語学」とは?

グローバル海外進学コラム

「外国語」というと日本人の場合、すぐに英語を思い浮かべがち。たしかに世界の公用語とも言われる英語は国際的にとても重要な言語ですが、世界にはほかにもたくさんの言語があります。グローバル化が急速に進む国際社会では、英語以外の言語に精通している人材の需要も急激に増加しているという現状があります。今回は、将来的に様々な進路が考えられ、今後ますます注目度が高まると予想される外国語学についてご紹介します。

外国語学は「言語研究」と「地域研究」から成り立つ

日本における外国語学とは、大きく言うと母語(日本語)以外の言語を使いこなせるように学び、習得する学問です。ただし、その言語をただ話せるようになることを目的としているのではなく、深い国際理解のために2つの柱から成り立っています。
1つはもちろん、特定の国や地域の言語自体を研究し、習得していくこと。言語的な観点からの研究として、文法や語法、言語史、語い論、語源研究、方言研究などさまざまな内容があります。また、会話をはじめとしたコミュニケーションができるようになるための、実用的な語学の能力を身につけることも重要な要素になります。
もう1つは、その言語が使われている国や地域の歴史や政治、文化といった様々な分野に関して調査・研究を行う地域研究です。その国の社会や経済のあり方といった社会科学の領域に踏み込んだ研究や、異なる文化を持つ国や地域との交流のあり方なども、理論的に学びます。
この2つは言語を学ぶ上で非常に密接につながっており、どちらが欠けても成り立たない大切な柱となっています。ある言語を学ぶためには、単体としての言葉だけではなく、その言語が使われている国や地域の気候・風土、民族、歴史、文化、社会、経済などについての深い知識が必要となるからです。その逆もまた同じことが言えて、ある国や地域をより深く理解していくためには、そこで使われている言語の知識は非常に重要となります。外国語学はこの2つの柱を軸に、異なった文化や背景を有する国や地域について真の国際理解を目指す学問といえるでしょう。

日本の大学で外国語学を学ぶには?

日本の大学で外国語学を学ぶための学部として、最も一般的なのは外国語学部。個別の言語を学科やコースとして設置し、専門的に学んでいく形が多くなります。外国語学として専門に扱われているのは、英語をはじめドイツ語、フランス語、スペイン語など欧米の言語が多いですが、アジア地域に注目が集まっている近年は中国語や韓国語、インドネシア語、タイ語などのアジアの言語の研究も活発になってきています。また、日本語を“外国語”としてとらえる日本語研究も盛んに行われるようになっています。
大学によっては、文学部や人文学部、国際文化学部、学芸学部などの学部でも語学を学べるところがありますが、「外国語学」としての学問ではない場合もあります。語学の修得に重きを置かずに、文芸作品や文化、社会などについての研究に力を入れている大学も。事前に大学や学部についてしっかり調べて、学べる内容を確認しておくのが大切です。

外国語学の魅力と将来性

外国語学で修得した語学力を生かし、商社やメーカー、サービス業、さらには航空会社など多様な就職先が期待できます。とくに語学力が求められる外資系の企業などでは活躍の場が広がるでしょう。大学の外国語学部の卒業生には英語の教員や国家公務員を志望する人も多いようです。また、通訳や翻訳家といった職業も考えられ、そのために大学院への進学や海外留学などでさらに勉強する道を選択するケースも。日本国内で外国語学の大学院が設置されている大学は非常に限られているため、海外の大学・大学院への進学を目指す人もいます。

外国語学を学ぶなら英語力は必須

外国語学を学べる大学・学部では、英語を専門に学ぶ場合はもちろんですが、それ以外の言語を選択して学ぶ場合でも入試で高い英語力を求められることがあります。第2外国語として英語が必修になっている大学・学部もあり、外国語学を学ぶうえでは英語は欠かせないといってよいでしょう。大学・学部によっては入試の際にTOEFL®Testなどの英語外部試験のスコアを活用しているところもあります。

<英語外部試験の活用例>

●神戸市外国語大学 外国語学部(全学科):推薦入試【全国枠】の出願要件として「TOEFL PBT®Test 520点以上またはTOEFL iBT®Test 68点以上」など
●獨協大学 外国語学部:公募制推薦入試のBグループの出願資格基準として「TOEFL PBT®Test 450~530点以上またはTOEFL iBT®Test 45~73点以上」(学科によって基準スコアは異なる)など

大学で外国語学を学びたいなら、どの言語に興味があるとしても英語も併せて身につけておくとよいでしょう。入試で出願の機会が増えるなど有利な条件になる場合もありますので、TOEFL®Testも受けておいて損はありません。ぜひ早めに対策をして、TOEFL®Testで良いスコアを獲得しておきましょう。夢の実現に向けて可能性がぐっと広がります!

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます