TOEFL®Test対策基礎知識

ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 高2から受検できる4技能検定「TEAP」とは(1)

高2から受検できる4技能検定「TEAP」とは(1)

グローバル海外進学コラム

2020年度から新たにスタートする大学入学共通テストでは、英語の試験が大きく変わります。従来の大学入試センター試験のような一斉テストではなく、大学入試センターが認定した民間業者の資格・検定試験(認定試験)のスコア等によって合否判定が行われるようになるため、どの資格・検定試験が「認定試験」として採用されるかに関心が集まっています。その採用候補として、前回とりあげたCambridge English(ケンブリッジ英語検定)と同様に注目されているのがTEAPです。今回は、TEAPについて概要や特徴などをご紹介します。

【参考ページ】:【日本の大学入試改革(2)】大きく変わる「入試英語」

「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るための新しい英語運用能力テスト

TEAP(ティープ)とは、Test of English for Academic Purposesの略。実用英語検定(英検)で有名な公益財団法人日本英語検定協会と上智大学が共同で開発し、2014年から実施している新しい英語能力試験です。主に高校3年生を対象に大学入試を想定して開発されたもので、テスト構成は日本における「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっています。テストは「読む(Reading)」「聞く(Listening)」「書く(Writing)」「話す(Speaking)」の4技能で構成されており、とりわけ日本の英語学習者の弱点と言われる「Speaking」と「Writing」については、世界的に有名な英国のベッドフォードシャー大学の研究機関であるCRELLA(Centre for Research in English Language Learning and Assessment)の監修のもとで開発されたものです。大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなどの能力)を正確に測定することができるのが大きな特徴です。
TEAP実施初年度の2014年度は予想をはるかに超える10,000人以上の総申込者数があり、さらに2016年度には受検者が約14,000人に増加するなど着実な広がりを見せています。また、2015年度の入試から上智大学が他大学に先駆けてTEAP利用型入試を導入。2016年度からは立教大学、中央大学、関西大学、立命館大学などで入試に採用され、2017年度には早稲田大学の一部の学部でもTEAPのスコアが使えるようになるなど、大学入試の現場で大きく注目を集める英語能力テストとなっています。

入試でのTEAP採用大学(2017.5.8現在)

  • ● TEAP CBT採用大学は8大学(いずれも東京の大学)
  • ● TEAP採用大学は全国で73大学
  • ※上智大学は、英語外部検定試験にTEAPおよびTEAP CBTのみを採用

TEAPのテストの種類

TEAPには、試験形態などの違いにより「TEAP」と「TEAP CBT」の2種類があります。テストはすべて、大学に入学後(留学も含む)、大学での指導や学習で遭遇する場面を想定して作成された、アカデミックな内容となっています。
なお、「TEAP」と「TEAP CBT」とも、高校3年生を対象に開発されたものですが、受験資格は高校2年生以上となっています(※)。

※受験年度で高校2年生となる生年月日以前の生まれであること

TEAP

紙のテスト。大学教育レベルにふさわしい英語力を正確に測定する、4技能型のアカデミック英語能力判定試験です。各大学の入試で必要とされる基準点に満たない場合は複数回の受検が可能となっています。

TEAP CBT

パソコンを用いたコンピューター版のテスト。TEAPのコンセプト(日本の高校生のレベルに合わせたテスト難易度など)を継承しつつ、ICTの多様な機能を活用することで、より高度な思考力・判断力・表現力を必要とする問題が出題されます。Reading+Listening+Speaking 、Reading+Listening+Writing など、3技能を組み合わせた統合型問題が複数出題されることも特徴の1つです。グローバル×IT社会を牽引する思考力・判断力・表現力をリアルに測定する英語4技能を超えたテストとなっています。

TEAPTEAP CBT
レベル高校学習者のレベルに合わせたA2〜B2(CEFR)
配点400点満点800点満点
実施回数年3回年2回
受検パターン・4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)
・3技能(リーディング、リスニング、ライティング)
・2技能(リーディング、リスニング)
・4技能(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)
・2技能(リーディング、リスニング)
上智大学 TEAP利用型入試の出願条件4技能の総合点と各技能のスコアの両方が出願基準スコアを満たしていること4技能の総合点のみが出願基準スコアを満たしていること

今回は、TEAPの概要や特徴、テストの種類についてご紹介しました。次回の記事では、このテストの形式や構成、評価方法を取り上げる予定です。どうぞお楽しみに!

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます