低学年から海外大対策を始める

ホーム 低学年から海外大対策を始める
IT’S NEVER
TOO EARLY
TO START

海外大学進学対策はいつから始める?
そこにルールはありません
早く始めること= 「チャンス」です

高校生はもちろん
中学生から始める方も
いるその理由

Academic Englishの
基礎をじっくり固められる

Academic Englishの習得に向けて、まずは英語でのスムーズなコミュニケーション力を身につけることが有効です。早期のスタートは、4技能の基礎を固めながら、「英語で考える」機会をそれだけ多く持つことになり、有利といえます。

Reading / Listening TOEFL iBTベースのテキストを用いて、「早めのスタート」のアドバンテージを生かす。 Speaking / Writing GTEC CBTやTEAPなど各種4技能検定試験で出題される問題形式も取り入れる。 高校受験やもし国内大学を受験することになった時にも、4技能検定試験で優位に!

アセスメント(効果測定)
の機会をたくさん持てる

早期スタートのメリットは対策時間が長く確保できるだけではありません。「TOEFL iBT®︎」や「SAT®︎」など、海外TOP大を目指すスコア基準を実現するために、効果測定の機会が多いほど、対策の精度も上がるのです。

学校や受験勉強とは異なる基準の検定結果を きめ細やかに振り返り 目標実現のアプローチがしやすく!

なぜ海外大なのか?を
考える機会を多く持てる

海外TOP大の審査では、学力だけではなく、大学が求める人物像の要件に叶うかどうかを厳正に見極められます。そのためには納得度の高い自己分析を通した強みの発見が必要であり、一方で課外活動などの客観的な実績も重要です。

海外大進学の条件として重要な課外活動の 軸となるようなイベントも豊富にご紹介 海外大進学を実現したGLC先輩から直接話を聞き、 相談できる勉強会などにも早くから参加

スタートレベルは2つから選べます

※ 上記のほか、英語初心者向けの「Academic Basics Level I」もあります。詳しくはお問い合わせください。

GLCはインターネットを利用して
講義に参加する
オンラインレッスンです。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます