大学・学部別TOEFL®Test対策
ホーム 大学・学部別TOEFL®Test対策 立命館アジア太平洋大学 APUの入試対策

立命館アジア太平洋大学 APUの入試対策

APU・立命館アジア太平洋大学対策

スタンダードな入試方式から、英語力が大変有利に働く入試方式まで、3パターンをPICKUP。 特に英語基準AO方式など、TOEFL®テストが使える入試方法も。 グローバルに活躍したい人は、APUを検討してみては?

立命館アジア太平洋大学(APU)は、生徒の約半分が留学生の占める、日本でも有数のグローバルな大学。そのため、英語スキルが高いことがメリットになる入試方式が豊富なのが、大きな特徴と言えます。まずは、APUが求める学生像を押さえておきましょう。 APUの求める学生像として挙げられているのは以下の6点です。

  •    1)コミュニケーションツールとしての日本語または英語の基本的能力
  •    2)英語もしくは日本語学習に対する強い意欲と適性
  •    3)大学での学習に必要な基本的知識
  •    4)分析力、想像力、実際的な問題解決能力の適性
  •    5)すべての学びの機会を積極的に活用する意欲
  •    6)多文化環境で、多様な人々と共生していく適性

※APUのアドミッション・ポリシーをもとに、編集部にて一部を平易な用語に変更しております。
※2)について:APUでは日本語・英語の二言語教育システムを採用しており、出願時には入学基準言語として「日本語基準(Japanese basis)」もしくは「英語基準(English basis)」のいずれかを選択します。

世界中の多種多様な文化への興味が高いことや、グローバルに活躍するために必要な知識を身につけていこうとする意欲は、評価の対象になります。しかしながら意欲だけではなく、大学で学ぶための土台となる基本的な英語力は、APUで求められる必要不可欠なスキルと言えます。高校生のうちから、アカデミックな英語スキルを少しずつでも身に付けておくことがとても大切です。特に、TOEFL®テストのスコアを高校生のうちから上げておくことは、大学入学後にも大きなアドバンテージになるでしょう。

英語は満点換算!APUのユニークなセンター入試方式

APUの入試では、英語が武器になる入試がいくつも存在します。特に、センター試験を利用する入試方式ではAPUで求められるレベル以上のTOEFL®テストやTOEIC® L&R TEST等のスコアを提出することで「外国語」が満点として換算されるのが大きなメリットです。スコアテストを積極的に活用するのがオススメです。スコア提示で満点換算される入試方式は以下のとおりです。

    【対象となる入試方式】

  • ・ センター試験方式 7科目型
  • ・ センター試験方式 5教科型
  • ・ センター試験方式 3教科型
  • ・ センター試験 + 面接による総合評価方式
  • ・ センター試験方式 後期型

上記の受験方式で受験する場合、下記のスコアを出願時に提出すると、英語の点数が満点換算されます。

テストの種類スコア
TOEFL iBT®テスト71
TOEIC® L&R TEST780
TOEIC® L&R TEST,TOEIC® S&W TEST1095
IELTS(Academic Module)6.5
英検(実用英語技能検定)準1級
TEAP(4技能)300
TEAP(2技能)130
GTEC-CBT1170
GTEC for Students(検定受験)750
TOEFL Junior®Comprehensive338
ケンブリッジ英検169

※英語能力に関する試験結果は、証明書に記載された受験日が、2013年4月1日以降のものを有効とします(2015年12月時点の情報です)。

【関連記事】:TOEFL®テストスコアを入試で使える大学
【関連記事】:国際教養大学 AIUの入試傾向

APUで特徴的な入試方式

APUではセンター試験以外でも、英語が武器になるユニークな入試方式があります。ここでは、最もスタンダードな入試方式と、APUならではの英語が武器になる入試方式を2つをピックアップしてご紹介します。英語を重視した入試方式としては、「英語重視方式」と「英語基準AO方式」の2つが挙げられます。スタンダードな入試と比較しながら、自分に合った入試方式を探してみましょう。

  • ・A方式

  •    最もスタンダードな入試方式です。
  • ・英語重視方式

  •    英語の点数配分が、高く設定された入試方式です。
  • ・英語基準AO方式

  •    TOEFL®テストで基準スコアを保持している場合、書類選考と面接のみで合否が判定されます。
入試方式入試方式の特徴試験科目・選考方法等補足・留意点
一般入試
A方式
[スタンダード3教科型]
最もスタンダードな入試方式
英語・国語・選択科目の3教科を受験し、合計点で判定される。
●英語[120点]
●国語[100点]
●選択科目:政治・経済、日本史、世界史、地理、数学から1科目選択[100点]
<合計320点>
試験日が異なれば複数回の受験も可能。
一般入試
英語重視方式
英語力を活かせる入試方式
英語・国語・選択科目の3教科を受験し、「英語の得点」+「国語または選択科目の高得点」の2教科で判定される。
●英語[150点]
●国語または選択科目(政治・経済、日本史、世界史、地理、数学から1科目)のうち高得点の1科目を採用[100点]
<合計250点>
英語・国語・選択科目の3教科全てを受験することが必要。
AO入試
英語基準AO方式
TOEFL iBT®テスト61点相当以上のスコアが活かせる入試方式
「TOEFL iBT®テスト61点相当以上のスコア」を持つなどの出願資格をクリアした人だけが出願でき、書類選考と面接で判定される。
【第1次選考】
出願書類による審査 ※「志望理由書」、「エッセイ」は英語で作成
【最終選考】
個人面接(約15分)
※出願書類に基づく質疑応答
※面接は英語で実施
入学後、英語で開講される教養科目等をベースに履修することが条件。

※内容には変更等の可能性もありますので、必ず大学発表の「入学者選抜要項」「学生募集要項」をホームページなどで確認してください。

TOEFL®テスト対策講座GLCのおすすめClass

この講座がおすすめ!「海外大学・リベラルアーツ授業準備講座」

「Global Learning Center」は、オンラインでTOEFL®テスト対策の授業を行っています。立命館アジア太平洋大学(APU)を始めとする、国際系大学の入試で大変有利なTOEFL®テストのスコアアップ対策をはじめ、大学入学後にも役立つ授業が満載。
おすすめの講座は「海外大学・リベラルアーツ授業準備講座」。政治・経済・音楽などの様々なトピックについて英語で議論・プレゼンテーションを展開し、「使える英語」に留まらず「使いこなせる英語力」を仲間と共に磨いていくこともできます。立命館アジア太平洋大学(APU)で必須となる英語でのコミュニケーション力を徹底的に鍛えます。 経験豊富なネイティブ講師とのオンライン講座によるTOEFL®テスト対策を通じて、英語のリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの力をバランス良く身につけましょう。
また、TOEFL®テストのスピーキング対策にとくに重点をおきたいという方にはオプションで受講できる「Academic Speaking Plus」もオススメです!
中学生・高校生向けTOEFL®テスト対策・IELTS 対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

※ この記事でご紹介している内容は2015年12月現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます