大学・学部別TOEFL®Test対策
ホーム 大学・学部別TOEFL®Test対策 関西外国語大学の「フルスカラシップ制度」とは

関西外国語大学の「フルスカラシップ制度」とは

関西外国語大学対策

大阪府枚方市にキャンパスを構える関西外国語大学。1945年(昭和20年)に谷本英学院として創立されて以来、70年を超える歴史をもつ私立の外国語大学です。同大学は留学制度が充実していることで非常に有名で、海外への留学生派遣数はなんと日本一!(*1)年間約2000名に及ぶ学生が国際交流を果たしています。今回は、海外留学や国際交流に関心のある意欲の高い学生が日本全国から集う関西外国語大学の留学事情や、近年注目を集めている「フルスカラシップ制度」について取り上げます。

*1 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)による「平成27年度協定等に基づく日本人学生留学状況調査結果」による(2017年3月公表)

多種多様な留学制度

関西外国語大学の建学の理念は、「国際社会に貢献する豊かな教養を備えた人材の育成」と「公正な世界観に基づき、時代と社会の要請に応えていく実学」の2つ。理念の具現化のため、全学部が少人数編成のクラスで、外国人教員による「生きた外国語」が直接学べるカリキュラムが提供されています。また、キャンパス内では多くの海外からの留学生と日常的に交流できるうえ、多彩な留学プログラムを活用して各学生の専攻・目的に合った多種多様な留学が可能となっています。
とくに同大学の大きな特徴が、全国でもトップクラスの留学ネットワーク。現在、世界54カ国・地域の383大学と単位互換協定校として提携(2017年4月現在)しており、これらの大学への留学派遣学生総数は1,979名、外国人留学生の受け入れ数は744名で、1年間で実に2,723名もの国際交流を展開しています(2016年度実績)。

現在、関西外国語大学には英語キャリア学部、外国語学部、英語国際学部、国際言語学部(2014年から募集停止)の4つの学部がありますが、留学プログラムはそれぞれの学部・学科が目指す人材育成の目標にそって展開されています。関西外大と留学先である提携校の双方の学位が取得可能な学位留学(ダブルディグリープログラム)や、休暇期間中の短期語学留学など、各学生のレベルに合わせた豊富な留学プログラムが用意されています。カリキュラムと連動した専門性の高いプログラムが充実しているのが同大学の特徴で、カリキュラムに組み込まれた留学や、様々なオプションから選択できる留学など、形式も多様となっています。提携校には、ニューヨーク州立大学(オルバニー校)やカリフォルニア大学(リバーサイド校)なども名を連ねており、2年間の学位留学で卒業資格を得ることもできるため、非常に大きな魅力となっています。

「フルスカラシップ」などの留学奨学金制度の概要

関西外国語大学には、以下のような独自の「給付型」留学奨学金(2種類)があります。留学奨学金が支給されるプログラムはあらかじめ決まっており、選考試験や資格審査で所定の基準を満たせば奨学金を受けながら留学することが可能です。留学にかかる自己負担金が大きく軽減される奨学金を利用して、毎年多くの学生が海外留学を実現しています。

■2種類の留学奨学金

  • フルスカラシップ:留学先大学での学期期間中の授業料+住居費+食費を免除または支給(*2)
  • スカラシップ:留学先大学での学期期間中の授業料を免除または支給(*3)

*2 自己負担が必要な費用は、渡航費、休暇中の滞在費、教科書代、ビザ取得のための費用、海外傷害保険料等
*3 自己負担が必要な費用は、留学先大学における住居費・食費、および渡航費、休暇中の滞在費、教科書代、ビザ取得のための費用、海外傷害保険料等
※なお、どちらの奨学金も、留学期間中における同大学の授業料その他納付金は納入する必要があります。

免除または支給される奨学金の金額は具体的な留学先によって異なりますが、フルスカラシップを利用した場合、通常であればかなりの金額にのぼる留学に関する主な費用がほぼすべて奨学金でまかなわれることになります。留学そのものに関わる自己費用負担はなく、同大学の学費と最小限の追加費用だけで留学ができる、つまり“日本で関西外国語大学に通っている”のとほぼ同じ費用のまま留学が可能ということになります。(実家が遠方で一人暮らしの場合は、生活費がかからない分、安くなる可能性もあります)2016年度派遣数約2000名のうち、フルスカラシップによって留学の費用が免除または支給になったのは約280名、スカラシップにより費用が免除または支給になったのは約1270名にのぼります。

■留学選考・資格審査の方法と留学奨学金を利用できる主な条件

留学選考または留学資格審査では、概ね以下のような点が評価されます。

〇学内成績・出席状況
すべての留学プログラムで最重要視されるのが、日頃の学修に対する取り組みなどが反映される学内成績と出席状況です。(指定されたガイダンス等への出席状況も選考試験の判定対象項目)

〇TOEFL®テスト
英語圏への留学には、学内で実施されるTOEFL PBT®テストの得点も判定対象となります。(留学プログラムによって最低受験回数等が決まっています)

〇筆記試験等
留学プログラムによっては、選考プロセスの一環として筆記試験、スピーキングテスト、面接などが課されるものがあります。

〇留学候補生の準備教育
選考試験に合格した学生は、留学候補生として所定の留学準備教育科目の受講が必須となり(語学中心の留学は該当しない)、この準備教育の成績も選考試験の審査対象となります。

留学選考・資格審査において、フルスカラシップの対象として認められる主な条件は以下のようになります。

  • ●大学での成績が優秀であること
  • ●TOEFL PBT®テストのスコアが基準以上であること(交換留学は500点以上、学位留学は550点以上など)

条件をすべて満たすとフルスカラシップが認められます。制度の利用に人数制限はないので、条件を満たした学生は全員が対象となります。すべての条件を満たせなかった場合も、スカラシップを利用することが可能です。

奨学金を利用できる留学プログラムの例

関西外国語大学で留学奨学金(フルスカラシップ・スカラシップ)を利用できる留学プログラムの例としては、以下のようなものがあります。留学プログラムは学部・学科によって異なるので注意が必要です。

プログラム名留学期間提供されている学部受けられる奨学金備考
大学・大学院学位留学3年間英語キャリア学部
外国語学部
国際言語学部
フルスカラシップ
学位留学2年間外国語学部
国際言語学部
フルスカラシップ
2カ国留学外国語学部
国際言語学部
中国学位留学英語国際学部
リベラルアーツ留学1年間外国語学部
国際言語学部
フルスカラシップ
スカラシップ
英語&リベラルアーツ留学外国語学部
国際言語学部
スカラシップ
専門留学英語キャリア学部フルスカラシップ 英語キャリア学部の教育課程上のプログラム
スカラシップ
イベロアメリカリベラルアーツ留学外国語学部フルスカラシップスペイン語学科のみ
スカラシップ
英語留学(春学期または秋学期)1学期間英語国際学部スカラシップ英語国際学部の教育課程上のプログラム
中国語留学(春学期または秋学期)

大学データ

学校・学部名関西外国語大学
所在地大阪府枚方市中宮東之町16-1
学生数11029名〔男子3841名 女子7188名〕 (2017年5月1日現在)
専任教員数272名(2017年5月1日現在)
講義・学問分野英語キャリア学部・外国語学部・英語国際学部・国際言語学部
公式サイトhttp://www.kansaigaidai.ac.jp/

※この記事でご紹介している内容は2017年12月現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます