大学・学部別TOEFL®Test対策

ホーム 大学・学部別TOEFL®Test対策 慶應義塾大学経済学部とは?

慶應義塾大学経済学部とは?

慶應大経済学部 PEARL入試対策

慶應義塾大学経済学部は、福沢諭吉によって創立された「慶應義塾」の大学部理財科として、明治23(1890)年に誕生した日本最初の経済学部です。創設以来、理論と実証の両面で日本の経済学研究を先導し、実業界を始めとして学界、政界、官界など様々な分野に数多くの卒業生を輩出し続けています。

学部の教育目標は、世界を先導する次代の経済人を育成すること。情報通信技術が急速に発達する現代では、溢れる情報を的確に精査し、世界経済の行く末をしっかりと見据えられる自前の目が必要になるという見識のもと、単なる知識にとどまらない経済学的思考の総合力を鍛えることで、経済学を武器に国際社会で十分に活躍できる能力を持った人材の育成を目指しています。

2つの履修タイプによる異なる「学びの入り口」

経済学部のカリキュラムは、「不確実性と多様性がますます増加する世界で活躍する先導者の育成」という教育の目的を念頭に、知識と論理的思考力の双方を身につけることができるように構成されています。第1・2学年の学生は一般教養と経済学の基礎を学びますが、カリキュラムに「学びの入口」が2つ用意されているのが注目すべき点。1つ目が一般的な前提から出発して論理的に答えを導く演繹的手法を中心に学ぶ履修タイプA(経済理論・数学先習型)で、2つ目が経験的事実の教訓に学びつつ事実の積み重ねから知見を獲得する帰納的手法を中心に学ぶ履修タイプB(経済実態・歴史先習型)。履修タイプAと履修タイプBは入試方式に対応しており、A方式入試(数学利用)に合格した学生は履修タイプA、B方式入試(世界史または日本史利用)またはPEARL入試に合格した学生は履修タイプBのカリキュラムで学習を始めることになります。まずはそれぞれの学生が、より興味のある分野にウェイトを置いて学習することで意欲を高めつつ、4年間をかけて二つの手法を習得し、経済学的思考の総合力を養っていきます。

目標に応じて選べる専門教育の3つの柱

第3・4学年の専門課程では、講義科目に加え「ゼミナール(研究会)」、「PCP(プロフェッショナル・キャリア・プログラム))」、「研究プロジェクト」という3つの柱があり、それぞれ少人数クラスで多様な学びの場が提供されています。「研究会」は少人数クラスで専門分野を2年間深く学び、その成果を卒業論文にまとめるコース、「PCP」はすべて英語による2年間の実践的な経済学のコースワークにより、海外留学や専門大学院進学などに向けての基礎力を養成するコース、「研究プロジェクト」は学生が自ら研究テーマを選び、専任教員の個別指導の下、1年間で研究成果を提出・発表するコース。経済学部の学生は全員、3つの柱の中から自分の目標と関心に沿って1つを選び、選択した柱に従って卒業論文の執筆、英文エッセイの提出、研究成果の発表を行うことになります。研究分野の内容と学習の目標に応じて、3通りの少人数学習が用意されていることが、学部カリキュラムの最大の特色の1つといえるでしょう。

実践的なアカデミック・イングリッシュの養成を目標とした英語カリキュラム

経済学部の英語カリキュラムが目標としているのは、英語を用いて広い意味での教養を深めると同時に、学問・研究のためだけではなく、将来のキャリアに幅広く生かすことができる「発信型」の英語運用能力、実践的なアカデミック・イングリッシュの養成。その実現のため、高校までに培った「英語を理解する力」を「英語で発信する力」へと発展させる段階的なカリキュラムを編成しています。1年生の春学期には、授業が英語で行われる「英語Study Skills」で大学の勉強に必要なアカデミック・イングリッシュの3つの基本的技能を集中的に訓練。さらに、英語の四技能を統合したStudy Skillsの学習を踏まえ、特定のテーマについて英語で深く学ぶ「英語セミナー」を主要な科目として設置している点が大きな特色といえます。また、実践的なアカデミック・イングリッシュの体験と、英語による経済学教育を実現することを目的に、多数の科目が英語で開講されていることも見逃せません。

英語のみで学位取得が可能な新しいプログラム「PEARL」

2016年9月に経済学部でスタートした「Programme in Economics for Alliances, Research and Leadership(PEARL)」は、英語のみで学位を取得できる新しいプログラムです。PEARLのカリキュラムはすべて英語、9月入学で定員は100名となります。世界水準の基礎知識と、最先端の経済学を英語で習得させ、グローバルリーダーを輩出することを目的としています。学部には、イタリア・ミラノのボッコーニ大学やフランスのパリ政治学院との間で2つの学位(学士)を取得できるダブルディグリー・プラグラムをはじめ、様々な留学制度が設けられていますが、PEARL在籍者のみを対象としたフランス屈指のグランゼコール(Grandes Ecoles)※であるHEC経営大学院との学部・修士5年プログラムもあります。このプログラムに参加し、所定の要件を修めたPEARLの学生は、5年間で慶應義塾大学経済学士号とHEC経営大学院修士号(Master in Management)を取得することができます。(参加者上限:年間2名)

※グランゼコール(Grandes Ecoles) フランスの高等教育機関は、「大学 Universités」と「グランゼコール Grandes Ecoles」に分かれています。「グランゼコール」は、高校卒業後に2年間の準備学級(Les classes préparatoires)で学び、さらに難易度の高さで知られるグランゼコール入試に合格した者のみが入学できる、フランス独自の高等教育機関です。

大学データ

学校・学部名慶應義塾大学 経済学部
所在地日吉キャンパス(1・2年):
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
三田キャンパス(3・4年):
東京都港区三田2-15-45
学生数5,110名[男子3,912名 女子1,198名](2017年5月1日現在)
専任教員数137名(2016年5月1日現在)
講義・学問分野経済理論、計量・統計、学史・思想史、経済史、産業・労働、制度・政策、現代経済、国際経済、環境関連、社会関連 など
公式サイト慶應義塾大学:https://www.keio.ac.jp/ja/
慶應義塾大学 経済学部・大学院経済学研究科:
http://www.econ.keio.ac.jp/

※この記事でご紹介している内容は2017年7月1日現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます