大学・学部別TOEFL®Test対策

ホーム 大学・学部別TOEFL®Test対策 慶應義塾大学経済学部のPEARL入試

慶應義塾大学経済学部のPEARL入試

慶應大経済学部 PEARL入試対策

慶應義塾大学経済学部のPEARL(Programme in Economics for Alliances, Research and Leadership)は全カリキュラムが英語で行われるプログラム。2016年9月入学より導入され、4年間一貫して英語で経済学を学ぶことで世界を舞台に活躍するグローバルリーダーの輩出を目指しています

通常の日本語カリキュラムによる経済学部の場合、入試方式は一般入試<A方式・B方式>、帰国生入試、留学生入試となりますが、PEARLに入学するための試験はAO入試の一種である「PEARL入試」のみとなります。1年間に3回の出願期間があるのでチャンスは広がっていますが、募集要項はすべて英語で記述され、出願も英語のみと、合格には極めて高い英語力が必要になります。

2017年度PEARL入試の出願書類・選考方法

PEARL入試は日本人学生、外国人学生の両方を対象としており、募集人員は経済学部1学年につき約100名で、9月入学となっています。

主な出願書類

●全員●

  • ・アプリケーションフォーム〔願書〕
  • ・国際バカロレア(IB)のディプロマ、SAT®、ACTのいずれか1つのスコア(SAT®、ACTはエッセイも必要)
  • ・TOEFL iBT®Test、IELTSのスコア(いずれか、もしくは両方を英語を母語とする者を含めてすべての学生が提出)
  • ・志望理由書(英語・学業目的などを記述する)
  • ・推薦状(3通まで)
  • ・高校の卒業証明書(調査書等)
  • ・本人確認書類(パスポートのコピーなど)

●任意で提出可能●

  • ・SAT Subject Testsのスコア
  • ・その他の資料

基本的にオンラインでの出願(一部郵送)となります。入学選考は書類審査のみで、面接や独自の筆記試験はありません。学力判定のためのIB、SAT®、もしくはACTの成績、英語能力を測るためのTOEFL ®TestまたはIELTSのスコア、志望動機や適性を見定めるための志望理由書などの総合的な評価によって合否が決定します。英語テストなどのスコアに基準点はとくに設けられておらず、合否判定の基準も明確にはされていませんが、非常に高いレベルの英語が要求されるのは間違いありません。

2016年度 PEARL入試の合格率

開講初年度(2016年度)のPEARLの入学選考の結果は、応募者がのべ307名、合格者が計143名となっています。期別の人数や、男女別や国籍ごとの内訳は下記の通りです。

出願者数合格者数合格率(のべ・全体)
男:女外国籍男:女外国籍
第I期6919:505415:3978.3%
第II期11845:736219:4352.5%
第III期12073:472716:1122.5%
合計307137:17014350:9346.6%

●国籍別の内訳

出願者数合格者数
日本国籍外国籍日本国籍外国籍
第I期54154410
第II期67513428
第III期5466720
合計1751328558

2017年度 PEARL入試の日程

2017年秋入学のPEARL入試は、下記の日程で実施されました。仮に不合格になった場合でも再出願が可能なため、同一年度内で3回チャレンジできることになります。

出願期間合格発表
第I期2016年10月21日(金)~12月2日(金)2017年1月27日(金)
第II期2016年12月14日(水)~2017年2月1日(水)2017年3月3日(金)
第III期2017年2月28日(火)~4月11日(火)2017年5月26日(金)

TOEFL®Test対策講座GLCのおすすめClass

この講座がおすすめ!「海外大学・リベラルアーツ授業準備講座」

「Global Learning Center」は、オンラインでTOEFL®Test対策の授業を行っています。英語で学位が取得できる慶應義塾大学経済学部のPEARLなど高い英語力を求められる大学・学部の入試で非常に重要になるTOEFL®Testのスコアアップ対策をはじめ、大学入学後にも役立つ授業が満載です。
おすすめの講座は「海外大学・リベラルアーツ授業準備講座」。政治・経済・音楽などの様々なトピックについて英語で議論・プレゼンテーションを展開し、「使える英語」に留まらず「使いこなせる英語力」を仲間と共に磨いていきます。経験豊富なネイティブ講師とのオンライン講座で英語でのコミュニケーション力を徹底的に鍛えることができるので、カリキュラムがすべて英語、最先端の経済学を英語で学ぶことでグローバルリーダーの輩出を目指す慶應義塾大学経済学部PEARLへの入学を目指す準備としては最適な内容です。
基本的にはTOEFL®Test対策を通じて、英語のリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの力がバランス良く身につきますが、TOEFL®Testのスピーキング対策にとくに重点をおきたいという方にはオプションで受講できる「Academic Speaking Plus」もオススメです!
中学生・高校生向けTOEFL®Test対策・IELTS 対策講座「GLC」の少人数制グループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

※この記事でご紹介している内容は2017年7月現在の情報に基づいています。
※内容には変更等の可能性もありますので、必ず大学発表の「入学者選抜要項」「学生募集要項」をホームページなどで確認してください。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます