大学・学部別TOEFL®Test対策
ホーム 大学・学部別TOEFL®Test対策 「英語で」学ぶ学部 2020年度最新入試情報② 上智大学 国際教養学部

「英語で」学ぶ学部 2020年度最新入試情報② 上智大学 国際教養学部

上智大対策

日本の大学に設置されている国際系学部の中から、「英語で学べる」大学・学部の入試情報をお届けしているシリーズの2回目。今回は、半世紀以上前から日本における国際教育の先駆者として高い評価を受け続けている上智大学・国際教養学部を取り上げます。FLA(Faculty of Liberal Arts)とも呼ばれる同学部は、幅広い教養と論理的思考力を育むリベラルアーツ教育を英語で行っているのが特徴です。

上智大学国際教養学部の2020年度入試情報

「英語で学ぶ」国際教養学部の特徴

上智大学国際教養学部(FLA)は、1949年創設の国際部をルーツとして、上智大学・外国語学部・比較文化学科が1987年に独立する形で比較文化学部が設立され、さらに2006年に国際教養学部に改組されて誕生しました。国内では屈指の歴史を持つ、国際系学部のパイオニアです。学科として設置されているのは、国際教養学科の1学科のみ。複雑化する国際社会のなかで、世界の相互理解に寄与する国際的な教養を身に付けた人材の育成を目的としています。FLAには、日本だけでなく外国で教育を受けた学生や海外からの留学生など、50を越える国々からさまざまな文化的背景を持った学生が在籍しており、キャンパスは国際色豊か。さまざまな文化的背景をもつ学生・教員との英語でのコミュニケーションを通じ、日本と世界を結ぶ国際的教養人を育んでいます。

FLAの主な特色

◇語学を除くすべての授業は英語で実施

FLAでは、語学を除き、すべての授業が世界共通語である英語で行われています。授業は少人数制でディスカッションの多い形式がとられており、「自らの意見をまとめて発表する能力」を伸ばしていくことが重視されます。多様なバックグラウンドを持つ教授陣の指導や、学生同士の活発なやり取りを通して、高い外国語能力、卓越した専門的知見、異文化への繊細な感受性を身につけていきます。

◇グローバル社会対応型のリベラルアーツ教育

学部のアカデミックプログラムは、今日のますます多文化で複雑になりつつある世界において、違いを埋め、理解を促進するために必要な柔軟で批判的な思考、言語能力、文化的スキルを培えるように設計されています。 1年次は基礎教育が中心となります。批判的思考や、英語による自己表現・ディスカッション・プレゼンテーション等の能力を総合的に鍛えることを目的とした科目群や集中プログラム等を通じて、アカデミックな追求を実践していくために必要なコアコンピテンシーとスキルを身につけます。

2年次後半からは、比較文化・国際経営/経済学・社会科学の3つの専門分野から、1つを専攻として選択しますが、専攻以外の多彩な科目も幅広く履修し続け、専門性と多様性を獲得していく学際的なプログラムとなっています。

FLAのカリキュラムの特徴

<1年次>

●FLAコアプログラム
学位取得に必要な批判的思考スキルや、ライティング、人前で話すスキルを徹底的に訓練するコースで構成されています。すべての入学者はプレースメントテストを受けて、コアプログラムコースをどこから開始するかを決定します。

●一般教育(GS)
専門分野を超えて学習することで、学問分野の学際的な理解を促進し、人間と社会の基本的な問題を考えられます。コースの範囲は広く、キリスト教ヒューマニズム、言語、健康、体育の研究に加えて、過去の遺産、文化的伝統、現代世界の3つのカテゴリーでコースを提供しています。

<2年次以降>

●FLAカリキュラム
以下の3つの広範な分野から専攻を選択し、関連分野も含めて幅広く履修します。

  • ・比較文化(Comparative Culture):美術史/視覚文化、文学、宗教と哲学の分野に焦点を当てた人文科学の学際的な専攻
  • ・国際経営/経済学(International Business and Economics):単一の専攻でビジネスと経済学の両方を学ぶユニークな機会を提供する専攻
  • ・社会科学(Social Studies):リベラルアーツカリキュラムの中心的な要素である歴史、政治学、人類社会学の3つで構成されている専攻

<3年次・4年次>

選択した専攻で上級コースを受講しつつ、専攻外のコースも受講し続ける学際的な学びを展開。複数の視点から問題に取り組む学生の能力を育成するように設計されています。

2020年度入試制度の特徴・内容

FLAには、書類選考入試と公募制推薦入試の2つの入試があります。入学時期は春学期(4月)、秋学期(9月)で、いずれも1年次入学、3年次編入学を受け入れています。

※それぞれの入試制度についての詳細は、必ず募集要項を確認してください。

◇書類選考入試

書類選考のみで合否を決定する入試方式。出身学校の国や自身の国籍は一切問わない。春学期、秋学期ともに第1期、第2期の募集がある。出願には英文エッセイ、TOEFL®テストなどの英語テストスコア、SAT®やACTなどのテストスコア提出が必要となり、高い英語力が求められる。

●募集人員

・2020年度春学期(2020年4月1日入学)
1年次入学 :63名 / 編入学(3年次):若干名

・2020年度秋学期(2020年9月21日入学)
1年次入学 :82名 / 編入学(3年次):若干名

●出願書類

  • 1. Application Formおよび出願理由を述べたエッセイ(500ワード・英語で記述)
  • 2. 学業成績証明書(厳封)
  • 3. 高等学校の卒業(または卒業見込み/早期卒業)証明書  ※1年次入学のみ
  • 4. テストの公式スコア ※テスト実施機関より直送 下記の試験結果のうちいずれかひとつ以上を提出
  • 〇SAT®(Reading&Writing, Math)
  • 〇ACT(Writing含む)
  • 〇IB Diploma
  • 〇GCE A-levels 3科目
  • 5. TOEFL®テストまたはIELTS(Academic)の公式スコア ※テスト実施機関より直送
  • 6. 推薦状(2通) ※最終出身学校の教員または教務主任2名より
  • 7. 出願書類チェックリスト

◇公募制推薦入試

日本の教育制度に基づく高校卒業見込みの者が対象。高等学校長の推薦に基づき、書類審査と、「学科ごとの個別テスト」および「面接」によって総合的に判断し、合否判定を行う。推薦を受ける高校は特定せず、全国から幅広く優秀かつ個性的な人材を募る。

●募集人員:37名

●出願資格・要件

  • □評定平均値の指定…全体の評定平均値4.0以上
  • □外国語試験の基準…下記の点数/級以上を「いずれかひとつ」満たしていることが必要
  • ・TOEFL iBT®テスト 79
  • ・IELTS(Academic)6.0
  • ・TEAP 340(各75)※4技能(Reading/Listening/Writing/Speaking)の総合点および各技能のスコアを満たしていることが必要
  • ・TEAP CBT 615 ※4技能の総合点

求められている学生像

アドミッション・ポリシーによると、上智大学国際教養学部(国際教養学科)では、次のような学生を求めています。

  • 1)能動的にかつ責任を持って、グローバル化する社会の一員となる意欲を持ち、その維持と改善に欠かせない社会的・経済的・人文的な価値の創出にすすんで参画する。
  • 2)多様な社会文化的背景をもつ他者と建設的に交流するために欠かせない知的好奇心の旺盛さ、自らのコミュニケーション能力・分析力を改善する強い意欲を持つ。
  • 3)グローバルな問題を見極めアプローチしてゆくことができるよう、自らの知識を増やしてゆく覚悟がある。

2020→2021年度に予定されている入試のおもな変更点

上智大学では、「高大接続改革」をより一層推進するために、2021年度入学者選抜試験より学部入試において一般選抜制度を一新することが発表されています。しかしながら国際教養学部は、もともと他学部・学科と大きく異なり、独自の入試制度を採用しているため、現時点ではとくに変更の予定はありません。

【参考ページ】:上智大学 国際教養学部(オリジナルサイト)

※この記事でご紹介している内容は2019年9月13日現在の情報に基づいています。
※内容には変更等の可能性もありますので、必ず大学発表の「入学者選抜要項」「学生募集要項」をホームページなどで確認してください。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®テスト対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。中学生・高校生向けTOEFL®テスト対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます