TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 北海道大学の推薦入試について知りたい!

北海道大学の推薦入試について知りたい!

グローバル海外進学コラム

雄大な自然を誇る北の大地に建つ北海道大学。初代教頭のクラーク博士が残した言葉「Boys, be ambitious!」がよく知られる名門国立大学です。宇宙飛行士の毛利衛さんを輩出した大学ということでご存じの方もいらっしゃるのでは。今回は北海道大学の推薦入試についてご紹介します。

北海道大学推薦入試対策

北海道大学の「AO入試」とは?

北海道大学で推薦入試として実施されているAO入試。受験生の能力や資質を多面的に評価する入試制度です。2018年度のAO入試は募集人員59名に対して志願者が103名、最終合格者は28名。平均倍率は1.7倍でした。

求める学生像

総じて専門分野について学ぶ高い目的意識と積極性、強い意欲を持ち、その分野の学問の未来を拓いていける創造性や知性、またグローバルな視野や国際的な発信力を併せ持っていることが求められています。

選抜方法

北海道大学のAO入試は「一芸一能入試」ではないので基礎学力があることが前提条件になっています。第一次選考は書類選考です。すべての学部学科で必要となるのが「調査書」、「個人評価書」、「自己推薦書」です。
「調査書」は通学している高校の学校長名義で作成してもらう書類で、高校での学習態度や学校生活について記述されています。一般的に、大学入試で必須となる基本の書類です。「個人評価書」は高校の先生に作成してもらい、「自己推薦書」は志願者本人が記入します。どちらも能力や意欲をアピールする重要な資料となります。
さらに、理学部地球惑星科学科以外の全学部では「諸活動の記録」の提出が必要です。各種大会の成績などを具体的に記入します。
※理学部地球惑星科学科では日本地学オリンピック大会で過去2年間の予選通過者は、個人成績証明書を提出すると第二次選考の課題論文が免除になります。
第二次選考は「課題論文」、「面接」が行われます。「課題論文」は主に読解力や論理的思考力などが求められますが、高校で学習した内容(英文、数式、理科の公式など)を問う場合があります。なお一部の学部学科では「大学入試センター試験」が行われる場合があります。センター試験を課す学部学科は以下の通りです。

・医学部〔医学科・保健学科(看護学専攻・作業療法学専攻)〕
・工学部〔応用理工系学科(応用マテリアル工学コース)・環境社会工学科(社会基盤学コース)〕

※医学部医学科、工学部はセンター試験で指定された教科・科目の得点が合格基準点以上でなければ最終合格の対象外となります。

募集人員

2017年度にAO入試を実施する学部・学科とそれぞれの募集人員は以下の通りです。

学部学科募集人員
理学部物理学科5名
地球惑星科学科5名
医学部医学科5名
保健学科看護学専攻7名
保健学科 作業療法学専攻4名
歯学部5名
工学部応用理工系学科(応用マテリアル工学コース)4名
環境社会工学科(社会基盤学コース)4名
水産学部20名
59名

英語力

AO入試は一定以上の基礎学力があることが条件とされているので、英語に関しても相応の力があることが求められます。中でも出願要件として英語能力の証明が必要とされているのは工学部環境社会工学科(社会基盤学コース)で、TOEIC®またはTOEFL®テストで下記のスコア以上でないと出願できません。

  • ・TOEIC® 600点以上
  • ・TOEFL iBT®テスト 63点以上
  • ・TOEFL PBT®テスト 503点以上

※最新の情報は、北海道大学のホームページにてご確認ください。

平成30年から実施される「国際総合入試」

北海道大学の入試は、そのほかにも注目すべき入試制度があります。平成30年度より導入が予定されている「国際総合入試」です。この制度はグローバル人材育成を目的とした入試で、現在公表されている情報では学部学科を限定せず文系(5名)・理系(10名)で行われる予定となっています。 選考の方針としては、国や地域、学問分野をこえたグローバル社会を生き抜きリードする意欲と資質を持った人材が求められています。基本的には書類選考と口頭試問を含む面接のみの選考とされていますが、一方で高い英語力の証明が必須の入試になっています。出願要件として、以下のいずれかの書類提出が求められています。

  • ・国際バカロレア(IB)資格証書の写し及び最終試験の成績評価証明書
  • ・米国College Board®が実施するSAT®(SAT Reasoning Test)及びSAT Subject Tests™の成績評価証明書(または、米国ACT Inc.が実施するACTの成績評価証明書)

北海道大学がグローバル時代を見据えて、極めて高い英語力を持つ人材をピンポイントで求めていることがうかがえます。他の大学でも英語が重視される入試制度が拡大する動きがありますので、まだ大学入試まで時間がある中高生の皆さんは今のうちに英語力に磨きをかけていくのがよいですね。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学に必要なTOEFL対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます