TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 ノーベル賞受賞者が多い海外の大学ってどこ?

ノーベル賞受賞者が多い海外の大学ってどこ?

グローバル海外進学コラム

ダイナマイトを発明したスウェーデンのアルフレッド・ノーベルの遺志により創設されたノーベル賞。今年もノーベルの命日にあたる12月10日に授賞式が行われました。今年はアメリカのミュージシャン・ボブ・ディランさんが「ノーベル文学賞」を受賞し、世界中の話題をさらったのは記憶に新しいところです。毎年、注目を集めるノーベル賞、今回は海外の大学でノーベル賞受賞者が多い大学をピックアップしてみました。

ノーベル賞受賞者が多い海外の大学ってどこ?

1901年の創設以降、2016年までに授与されたノーベル賞は「物理学賞」「化学賞」「生理学・医学賞」「文学賞」「平和賞」「経済学賞」の6つの部門をあわせて実に579回、のべ911の個人と団体に贈られています。そのうち女性の受賞者は48名です。
今回はノーベル賞受賞者を数多く輩出している大学を、国別でまとめてみました。主に10名以上のノーベル賞受賞者を輩出している大学を挙げています。

アメリカ

大学名所在地
ハーバード大学(HARVARD UNIVERSITY)マサチューセッツ州
コロンビア大学(COLUMBIA UNIVERSITY)ニューヨーク州
シカゴ大学(UNIVERSITY OF CHICAGO)イリノイ州
マサチューセッツ工科大学(MASSACHUSETTS INSTITUTE OF TECHNOLOGY)マサチューセッツ州
カリフォルニア大学バークレー校(UNIVERSITY OF CALIFORNIA, BERKELEY)カリフォルニア州
スタンフォード大学(STANFORD UNIVERSITY)カリフォルニア州
イェール大学(YALE UNIVERSITY)コネチカット州
コーネル大学(CORNELL UNIVERSITY)ニューヨーク州
プリンストン大学(PRINCETON UNIVERSITY)ニュージャージー州
ジョンズホプキンス大学(JOHNS HOPKINS UNIVERSITY)メリーランド州
ニューヨーク大学(NEW YORK UNIVERSITY)ニューヨーク州
カリフォルニア工科大学(CALIFORNIA INSTITUTE OF TECHNOLOGY)カリフォルニア州
ペンシルバニア大学(UNIVERSITY OF PENNSYLVANIA)ペンシルバニア州
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UNIVERSITY OF ILLINOIS AT URBANA-CHAMPAIGN)イリノイ州
ロックフェラー大学(ROCKEFELLER UNIVERSITY)ニューヨーク州
ミネソタ大学(UNIVERSITY OF MINNESOTA)ミネソタ州
セントルイス・ワシントン大学(WASHINGTON UNIVERSITY IN ST. LOUIS)ミズーリ州
カーネギーメロン大学(CARNEGIE MELLON UNIVERSITY)ペンシルバニア州
カリフォルニア大学サンディエゴ校(UNIVERSITY OF CALIFORNIA, SAN DIEGO)カリフォルニア州
ミシガン大学(UNIVERSITY OF MICHIGAN)ミシガン州
ウィスコンシン大学マディソン校(UNIVERSITY OF WISCONSIN-MADISON)ウィスコンシン州
ケースウェスタンリザーブ大学(CASE WESTERN RESERVE UNIVERSITY)オハイオ州
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UNIVERSITY OF CALIFORNIA, LOS ANGELES)カリフォルニア州
ニューヨーク市立大学(CITY UNIVERSITY OF NEW YORK)ニューヨーク州
デューク大学(DUKE UNIVERSITY)ノースカロライナ州
ワシントン大学(UNIVERSITY OF WASHINGTON)ワシントン州

イギリス

大学名所在地
ケンブリッジ大学(UNIVERSITY OF CAMBRIDGE)ケンブリッジ
オックスフォード大学(UNIVERSITY OF OXFORD)オックスフォード
ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UNIVERSITY COLLEGE LONDON)ロンドン
マンチェスター大学(UNIVERSITY OF MANCHESTER)マンチェスター
エディンバラ大学(UNIVERSITY OF EDINBURGH)エディンバラ
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LONDON SCHOOL OF ECONOMICS AND POLITICAL SCIENCE)ロンドン
インペリアル・カレッジ・ロンドン(IMPERIAL COLLEGE LONDON)ロンドン
キングス・カレッジ・ロンドン(KING’S COLLEGE LONDON)ロンドン

ドイツ

大学名所在地
ゲオルク・アウグスト大学ゲッティンゲン(UNIVERSITY OF GÖTTINGEN)ゲッティンゲン
ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク(HEIDELBERG UNIVERSITY)ハイデルベルグ
フンボルト大学ベルリン(HUMBOLDT UNIVERSITY OF BERLIN)ベルリン
ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LUDWIG MAXIMILIAN UNIVERSITY OF MUNICH)ミュンヘン
ミュンヘン工科大学(TECHNICAL UNIVERSITY OF MUNICH)ミュンヘン
アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク(UNIVERSITY OF FREIBURG)フライブルク・イム・ブライスガウ
ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト(Johann Wolfgang Goethe-Universität, Frankfurt)フランクフルト
ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク(UNIVERSITY OF WÜRZBURG)ヴュルツブルク

フランス

大学名所在地
パリ大学(UNIVERSITY OF PARIS)パリ
エコール・ノルマル・シュペリウール〔高等師範学校〕(ÉCOLE NORMALE SUPÉRIEURE)パリ

スイス

大学名所在地
チューリッヒ工科大学(ETH ZÜRICH)チューリッヒ
チューリッヒ大学(UNIVERSITY OF ZÜRICH)チューリッヒ

オランダ

大学名所在地
ライデン大学(LEIDEN UNIVERSITY)ライデン

オーストリア

大学名所在地
ウィーン大学(UNIVERSITY OF VIENNA)ウィーン

スウェーデン

大学名所在地
ウプサラ大学(UPPSALA UNIVERSITY)ウプサラ

デンマーク

大学名所在地
コペンハーゲン大学(UNIVERSITY OF COPENHAGEN)コペンハーゲン

総評

ノーベル賞受賞者を輩出している大学が世界で最も多いのはアメリカです。受賞者の総数はもちろん最多ですが、大学の数でも他の国を圧倒しています。世界のトップ大学の1つであるハーバード大学は群を抜いており、100名以上のノーベル賞受賞者を輩出しています。そのほか、マサチューセッツ工科大学(87名)やコロンビア大学、(82名)など、一流の名門校が名を連ねています。私立大学からも公立大学からもノーベル賞受賞者が多数出ているのも特筆すべき点でしょう。 世界でアメリカの次に多いのがイギリスです。受賞者90名以上という突出した実績を誇るケンブリッジ大学を始め、オックスフォード大学やマンチェスター大学など、こちらも世界のエリート校が並びます。 そのほか、10名以上のノーベル賞受賞者が出ている大学を擁しているのはスイス、オランダ、オーストリア、スウェーデン、デンマークといった国々。こうしてみると、ノーベル賞受賞者の多くがアメリカもしくはヨーロッパの大学から誕生していることがわかります。

【参考記事】:ハーバード大学に入学するには?
【参考記事】:マサチューセッツ工科大学(MIT)に入学するには?
【参考記事】:留学生が多いアメリカの大学ランキング

ノーベル賞を狙うなら海外の大学も視野に?!

以前、日本の中でノーベル賞受賞者が多い大学についての話題を取り上げたことがありますが、国内トップの東京大学でも受賞者は8名。それと比べると、海外の上位大学は桁違いの受賞者数です。その差を生む要因は様々で、大学の歴史の古さ、優秀な教授陣や周囲の学生を含めた教育の質、学習に取り組む環境や設備など、1つに絞ることは容易ではありません。ただ理由はともかく、それだけたくさんの世界的な人材を輩出してきた実績と実力を持つ海外大学には、やはり大きな魅力があるといえるでしょう。将来はノーベル賞を目指したい、という高い志を抱いているならば、海外大の高いレベルの中に身を置いて切磋琢磨してみるのもよいのではないでしょうか。もちろん日本の大学出身の日本人受賞者も近年は非常に増えてきていますので、日本でしっかり道を究めていくのも悪くはありません。現時点では日本の大学ならノーベル賞受賞者はすべて国立大学出身者なので、国立大進学を念頭におきつつ、海外大を視野に入れて大学選びをしていくのも1つの方法です。

【参考記事】: ノーベル賞受賞者が多い日本の大学ってどこ?

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学に必要なTOEFL対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます