TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム高校生コースとは(1)

「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム高校生コースとは(1)

グローバル海外進学コラム

文部科学省の主導で、2013年に始まった海外留学を促進するキャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の中心となっている取組みが、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」。前回はその概要についてご紹介しました。今回からは、3回にわたって、この留学支援のプログラムの高校生を対象としたコースについて取り上げます。

「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム 高校生コース」とは?

2014年からスタートした官民協働の海外留学支援制度である「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は、返金不要の手厚い奨学金が受けられるなど留学に関して様々なサポートが受けられる制度。2020年までの7年間で約1万人の高校生・大学生を派遣留学生として海外へ送り出す計画のもと、毎年実施されています。この「日本代表プログラム」には、「多様な分野においてリーダーシップを発揮し、世界で活躍しようとする若者」または「日本から世界に貢献しようとする意欲のある若者」の留学を高等学校段階から支援することで海外留学の機運を高めることを目的として、「高校生コース」が用意されています。

高校生コースの対象者

日本の国籍を有する、または日本への永住が許可されており、日本の高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3年次)、専修学校高等課程に在籍する生徒等
(留学時に日本の高等学校等に在籍し、留学終了後も日本の高等学校等において卒業を目指すことが必須となります)

※派遣留学生の詳細な要件は募集要項を確認してください。

高校生コースの概要

派遣留学生として採用された生徒等には、諸外国への留学に必要な費用の一部が奨学金等として支給されます。また、留学経験の質を高めるため、留学の前後に研修が実施されるほか、留学後の継続的な学習や交流の場としての留学生ネットワークが構築されます。
なお、高校生コースの派遣留学生となって支援を受ける生徒等は、各自の留学先において日本や日本の地域の良さを発信する “アンバサダー活動(※1)”と、帰国後は留学機運醸成に寄与するために、留学の魅力や留学で得た体験を周りに伝える“エヴァンジェリスト活動(※2)”に、それぞれ取り組むことが求められます。

※1 「アンバサダー活動」とは、留学先で日本や日本の地域の良さを発信することで、世界に日本のファンを増やし、人脈を構築・継続させることを目指す活動です。
※2 「エヴァンジェリスト活動」とは、留学機運醸成に寄与することを目的として、帰国後に、自分の住む地域や学校等で留学の魅力や留学で得た体験を周囲に伝える活動です。報告会の開催やWEBでの発信などが想定されています。

高校生コースの応募分野

いずれの応募分野も、留学先の国や地域は自由に選ぶことができます。また、複数の国・地域で活動する計画でも応募が可能です。

分野名留学先での活動内容(活動例)留学期間
アカデミックテイクオフ海外の語学学校等において外国語の習得を主たる目的とするプログラムに参加するとともに、留学先で外国語を用いて異文化交流を行うもの。
例)外国語の学修を目的とした大学等のサマースクール・ 語学学校への通学等
14~21日間
ショート海外の高等学校や大学等の教育機関に在籍し、外国語を用いて様々な科目を学修したり、教育プログラムに参加したりするもの。
例)大学等で実施されるサマースクール・サマーキャンプ、 現地校へのターム留学等
14~106日間
ロング海外の高等学校等に長期間在籍し、外国語を用いて様々な科目を学修するもの。
例)交換留学や私費留学等による現地高等学校等への長期間の通学等
107~365日間
プロフェッショナル現在学んでいる専門知識・スキル等を生かして、あるいは将来的に携わりたいと考える領域について、実地研修やインターン シップ等を通じて専門知識やスキルの習得を目指すもの。
例)農場、工場、病院等での実地研修、観光、調理等の キャリアカレッジでの学修、インターンシップ等
※テクノロジー領域に関する学修やインターンシップ等の実践活動を行うものは、平成30年度(第4期)募集より「未来テクノロジー人材枠」として特別枠を新設
14~106日間
スポーツ・芸術学内の部活動または学外の活動等を生かして、海外のトレーニングセンター、教育機関、芸術学校等に在籍し、現地指導者の下で技量の向上を目指すものや、現地でのレッスン・トレーニングを伴って大会等に参加するもの。
例)現地チームの練習・現地在住の指導者の下で行うレッスンへの参加等
国際ボランティア海外でのボランティア活動に参加し、体験を通じて国際協力についての理解を深めるもの。
例)NGO団体によるボランティア活動への参加等

■高校生コースの特徴■

  • ・留学内容、渡航先、期間[14日間~1年間]を生徒が自由に設計できる
  • ・返済不要な奨学金が給付される
  • ・充実した事前・事後研修で留学の質を高められる
  • ・全国から集う個性豊かな高校生と仲間になれる

※海外で、学校に通わない計画も可能です。(留学先機関が個人の場合であっても、学修活動が十分に行えると判断され、また学修活動などを証明する書類が発行される場合であれば、留学先機関と認められます。)
※留学計画の設計の際は、所定の留学エージェント等のプログラムを利用することも可能です。

留学を検討し始めたら、英語の対策もスタートしよう

上記からわかるように、「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム 高校生コース」には様々なコースが用意されています。留学期間や留学内容が、自分の興味・関心に合わせて自由に設計できるのは大きな魅力といえるでしょう。14日間という非常に短期間での留学計画も認められるので、まずはひとりで海外に出て国際的な環境で刺激を受け、視野を広げる経験をしてみたい、という場合でもチャレンジできる制度となっています。資金面などから留学をあきらめていた方にとっては、まさに夢を叶える大きなチャンスです。このプログラムを活用して海外留学をしてみたい、と思い始めたら、できるだけ早く準備を始めましょう。まずは留学に向けての情報収集、そして英語の対策も大切になります。具体的に留学を検討していく中で、希望する留学先や留学スタイルが明確になってくると、求められる英語力のレベルがわかってきます。できるだけ自分の希望に沿った留学を実現するためには、ある程度どんな状況にも対応できる英語のスキルを磨いておきたいものです。TOEFL iBT®TestやIELTSなどの英語テストでも良いスコアをとれるような、英語対策を行っていくとよいでしょう。
留学を意識した英語対策には、ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」の活用をおすすめします。GLCが提供している中学生・高校生向けに特化したオンライン講座では、ネイティブやバイリンガルの先生からの直接指導を受けることができるので、英語の4技能をしっかり伸ばしていくことができます。TOEFL®Testのスコアアップにも最適で、抜群の実績を誇っています。ぜひGLCであなたの可能性を広げてください!

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます