TOEFL®Test対策基礎知識

ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 日本と海外で幅広く活躍する国際的な商社で働くには?

日本と海外で幅広く活躍する国際的な商社で働くには?

グローバル海外進学コラム

国際社会で活躍する仕事に就きたいという夢を持っている方も多いでしょうが、具体的にどんな職業を思い描いていますか?国連職員や外交官などといった仕事のほか、ビジネスという面で考えた場合、「世界中を飛び回る」イメージが強い業界の1つが商社ではないでしょうか。今回は「商社」について、どんな仕事内容なのか、商社で働くためにはどんな力を身につけるべきなのかをご紹介します。

商社とは

商社とは、国内外のネットワークを通して、様々な原料・商品の輸出入や国内取引を中心に行っている会社のこと。事業の柱となっているのは、「トレーディング」と「事業投資」です。
「トレーディング」は、原料や商品、サービスなどの商材を扱って手数料を得るビジネス。海外からの輸入や国内メーカーから商品を仕入れ、国内小売業などへ販売することで、流通(貿易・仲介・物流など)や、金融(資金運用・決済など)に関する手数料で収益を上げる、仲介業的・卸売業的な仕事となります。もともと日本の商社の本来の役割が卸売業や取次業であったことから、商社の伝統的で基本となる事業であるといえます。
「事業投資」は、これまでのビジネスで蓄えた経営ノウハウや、豊富な資金力・情報などを活かして有望な国内外の企業の事業に投資を行い、企業の成長に伴う企業価値増大や配当金などの形で収益を上げる事業です。近年では、多くの商社が時流を捉えて様々な分野に進出し、事業領域を拡大しています。

明確な定義があるわけではありませんが、扱っている商品や業務の内容などで商社は以下の2つに分けられると言われています。

総合商社

扱う分野や商材、事業展開する場所等が多岐にわたる商社。食料品から自動車、資源エネルギー、宇宙開発まで、ありとあらゆるジャンルを扱います。トレーディングと事業投資の2つのアプローチの相乗効果を活かしてビジネスを拡大していきます。販売チャネルの開拓や新たな物流システムづくりなど、国際的なネットワークの構築や金融・保険機能を果たすことで、電力や交通などのインフラ事業のほか、国をまたいだ複数の企業や事業をつなぐ国際的なプロジェクトも手がけることもあります。

※現在、一般的に日本で総合商社と呼ばれているのは『三菱商事』『伊藤忠商事』『丸紅』『三井物産』『住友商事』『豊田通商』『双日』の7社です。

専門商社

専門的なジャンルに特化した商材や分野を扱った事業展開をする商社。主に、大手メーカーの貿易部門が独立したなどのメーカー系企業、総合商社の関連子会社などの総合商社系企業、特定の商材に強く単独で事業を行う独立系企業の3つのタイプがあります。基本的にはトレーディングがメインの業務で、総合商社に比べると国内での仕事が多い傾向がありますが、輸入業に特化していたり、積極的に海外進出をしたりする企業も増えています。一般的な知名度はあまりなくても、ある特定の分野で絶大な存在感をもっている企業もあります。

【専門商社が扱う分野の例】

鉄鋼、自動車部品、医療機器、医薬品、繊維・アパレル、食料・日用品など

商社で働くとは?

商社で働くといっても、商社の中にもいろいろな職種があり、それぞれに大切な役割を担っています。商社における職種の例としては、以下のようなものが挙げられます。

●営業

売り手と買い手を結びつけ、価格や仕入れ数量、流通経路などを調整する。企画力や事業構築力も求められる。

●営業事務、貿易事務

営業の仕事をサポートする仕事。書類整理や電話対応などの業務を担当する。

●企画

事業の立ち上げや、企業への投資などを企画・立案する。

中でも営業は、求められているものを敏感に察知し、いち早く売買に結びつける仕事です。必要があれば世界中のどこへでも飛んでいくため、国内・国外を問わず非常に出張が多くなります。場合によっては、治安の不安定な国や生活環境の厳しい国などにも出張・赴任することもありますし、ほぼすべての人生を海外で生活することになるほどの長期赴任もありえます。このようにグローバルなフィールドで業務を行う可能性も高い商社の営業部門で働くには、まず、高い語学力が必要となります。それに加え、バイタリティーや何事にも前向きに対処できる行動力が求められます。国内はもちろん、海外のどのような場所でどんな状況になっても、柔軟かつ素早く対応できる能力や、チームで協力して商談を進めるために誰とでもスムーズにコミュニケーションできる協調性も欠かせません。

商社で重視される「英語力」
高い国際コミュニケーション力が必要

現代の商社では、情報、技術、金融など、ソフト分野のビジネスのウエイトが増し、エネルギー事業やインフラ事業などを手がけることも多くなっています。商社といえば、経済学部など、文系学部出身者が多いイメージがありますが、近年では理工系学部の出身者も活躍しています。今後、扱う分野・商品が広がるにつれて、より幅広い人材が求められるようになるでしょう。 その際に前提となるのは、やはり語学力です。総合商社で働く際には言うに及ばず、近年では海外進出に積極的な専門商社も増えていますので、早急かつ大量にグローバル人材が求められている業界といえます。商社勤務を目指すなら、高い英語力は確実に武器になります。とくに、実際の業務を行ううえでは、単なる「英語を話したり聞いたりする力」だけではなく、「英語で交渉する力」や「プレゼンテーション力」など国際社会における確かなコミュニケーション能力が重要になります。こうした実際に使える英語を身に付けるのは、一朝一夕ではなかなか難しいため、早期から英語力アップに取り組んでいくことが大切です。
TOEFL®Test・SAT®・IELTS対策、大学入試のための英語勉強なら、ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」をぜひご活用ください。中学生・高校生向けのGLCのオンライン講座なら、TOEFL®Testや、SAT®、IELTSなどの英語テストのスコア対策にとどまらず、ネイティブやバイリンガルの先生からの直接指導により、実際に海外の大学の授業で使えるような英語によるコミュニケーション能力を養えます。早めのスタートで、将来の夢を叶える英語力を身につけましょう。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます