TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 シンガポールの大学に行くには~対策編

シンガポールの大学に行くには~対策編

グローバル海外進学コラム

アジアの国際ハブとして発展を続けるシンガポール。国際都市としての魅力や治安の良さ、また教育水準の高さなどを知ると、シンガポールが留学先として人気があり、世界から学生が集まるのも理解できますね。では、シンガポールの大学に進学・留学するにはどうすればよいのかを見ていきましょう。

シンガポールのトップ2大学とは

大学のランク付け機関として世界的に権威のある英タイムズ・ハイアー・エデュケーション(Times Higher Education: THE)が発表している「THEアジア大学ランキング」で、2018年度の1位に輝いているのがシンガポール国立大学(National University of Singapore: NUS)、5位が南洋理工大学(Nanyang Technology University: NTU)です。日本でトップの東京大学が8位ですから、シンガポールの大学教育のレベルの高さが推し量れます。シンガポール国立大学は3年連続のアジア1位(2018年の世界ランキングでは22位)、南洋理工大学も2位→4位→5位と上位を保っており、世界でもレベルの高い大学として名を馳せています。

まずは、シンガポールの大学の中でもトップ2と言われるシンガポール国立大学(National University of Singapore: NUS)、南洋理工大学(Nanyang Technology University: NTU)についてご紹介します。

シンガポール国立大学(National University of Singapore: NUS)

1905年にシンガポールで初めて設立された国立の総合大学。Kent Ridge、Bukit Timah、Outramの3つのキャンパスには17の学部があり、さらに30に及ぶ研究機関・研究所を有しています。海外大学との連携に積極的で、交換留学やダブルディグリープログラムなどが盛んに行われており、世界100カ国以上から学部・大学院あわせて約3万8,000人の学生が集まっています。(留学生の割合:約30% ※)

南洋理工大学(Nanyang Technology University: NTU)

1991年に理工系の大学として設立。理系学部が中心でしたが、現在は文系の学部も有する総合大学です。研究に力を入れており、人工知能、ロボット工学、サステナビリティ、医療、ニューメディアなど、世界的に関心の高い先進的な分野でも注目を集めています。シンガポール国立大学と同様に海外大学と積極的に連携し、世界およそ100カ国から学部・大学院あわせて約3万3,000人が在学しています。(留学生の割合:約31% ※)

※2018 World University Rankingsより

正規留学にはハイレベルな英語力と高成績が必要
多様なプログラムが用意された交換留学制度も

シンガポール国立大学に正規の学生として入学するためには、所定の方法で大学の入学試験(UEE)に出願して、試験に合格する必要があります。日本から出願の際は、日本の高校の卒業資格と高評価な成績証明を英語で用意するほか、ACT(with Writing)やSAT®、SAT Subject Testsなどの提出が必要となります。また、国際バカロレアのディプロマを取得している場合は別枠での受験となり、IBディプロマとIELTSもしくはTOEFL®Testのスコア等で出願することになります。南洋理工大学など、大学によっては更に大学独自の試験を受けることもあります。詳しい出願要件や提出書類、試験の科目などは、大学・学部によって異なるので、自分の希望するところがある場合は早めに調べておくのがよいでしょう。

ただ、いずれにせよすべての項目でハイスコアが必要になることは間違いなく、シンガポールに正規留学し、競争率の高い教育システムを勝ち抜いてきた現地学生と肩を並べて勉強するには、ハイレベルな英語力と学力が必要となります。そのため、日本の高校生が直接、正規留学するケースは現時点ではまだまだ少ないようで、日本からシンガポールの大学への留学方法としては、交換留学などを利用するのも一般的です。シンガポールの大学の多くが積極的に海外の大学と協定を結んでいますので、日本の大学と提携した交換留学やダブルディグリープログラムなどもたくさんあります。サマープログラムなどの1ヶ月間程度の短期プログラムを行っている大学もあります。プログラムの内容や期間などは大学によって異なるため、留学してみたいシンガポールの大学と協定関係にある日本の大学をあらかじめ調べておくことが大切です。交換留学に応募する際は、日本の大学内で選考がある場合が多いので、応募資格の基準をクリアできるように入学後にしっかり準備してチャレンジすると良いでしょう。

シンガポール留学にはアカデミックイングリッシュの習得が不可欠
早めの対策はGLCで

初等教育の頃から能力主義が導入され、学校での成績が将来を左右しかねない教育システムをとっているシンガポールでは、学生たちの学習意欲も非常に旺盛です。全体的な教育レベルも高く、世界でもトップクラスに名を連ねるようなシンガポールの大学で授業についていくためには、基礎的な学力はもちろんのこと、高い英語力が必須となります。シングリッシュと呼ばれる独特な英語への対応は現地に行ってから慣れていくことにはなりますが、最低限のベースとなるアカデミックイングリッシュはしっかりと身につけておくことが大切です。
シンガポールをはじめ、海外の大学で学ぶために必要なアカデミックな英語力を磨くなら、ぜひベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」を活用してください。中学生・高校生向けに特化したオンライン講座で、ネイティブやバイリンガルの先生からの直接指導を受けられるので、海外大学への留学・進学を視野に入れた実践的な英語対策が早い時期から可能。TOEFL®Testなど英語テストのスコア対策も万全です。
国際色豊か、かつハイレベルな学生たちに囲まれて切磋琢磨するシンガポールの学習環境は非常に魅力的。通常、シンガポールの大学は8月から始まりますが、出願時期と準備に必要な期間をきちんと見極め、早めに自分に合った対策をスタートさせましょう。

関連記事:シンガポールの大学に行くには~基礎知識編

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます