TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 2019年版・英検の「新方式」、何が変わった?

2019年版・英検の「新方式」、何が変わった?

グローバル海外進学コラム

4月に進級・進学を控えたこの時期に、気になる英語の資格・検定試験の情報をお届けしてきたこのシリーズ。最後に取り上げるのは「英検」です。2019年度の英検は、種類や受検方法がこれまでと異なる部分があります。英検を含めた英語の資格・検定試験は、2020年度から国内の大学入学共通テストで活用されることが発表されているので、受検を考えている人も多いでしょうが、英検を受検する場合は少し注意を。自分に必要な試験をスムーズに申し込めるように、昨年度からの変更点や、試験日程や申し込み方法などをしっかりチェックしましょう!

2019年度から新方式が加わる英検対策

2019年度に実施される英検の種類と概要

2019年度の英検は、「従来型」と「新方式」の英検が実施されます。2018 年 3 月に発表された、大学入学共通テストにおける「大学入試英語成績提供システム」参加試験として認定されているのは「新方式」の英検のみとなりますので、大学受験での活用を考えている人は注意してください。各方式の対象者や試験の形態をしっかり比較して、自分に合った方式を選択しましょう。

2019年度に実施される英検の種類

  • ■従来型
  • ■新方式(※)
  • ・英検 CBT
  • ・英検 2020 1 day S-CBT(高校2年生限定)

※新方式では「英検 2020 2 days S-Interview」の実施も予定されていましたが、2019年度の実施は見送られました。
※この実施方針は2019 年度のみの例外措置であり、2020 年度はこの限りではありません。2020年度の実施概要は、決定次第、発表される予定となっています。

2019年度に実施される英検の実施概要

2019年度に行われる英検では、方式ごとに受検対象者や試験の形態が異なるので注意が必要です。それぞれの方式の実施概要は以下の通りです。

従来型新方式・英検CBT 新方式・英検 2020 1 day S-CBT
受検対象者制限なし 制限なし 高校2年生限定
実施方式
(*1)
Reading/ListeningPBTCBTCBT
Writing CBT PBT
Speaking ●面接員との対面式
●4・5級:コンピューター端末を利用した録音形式(*2)
吹き込み 吹き込み
Speaking受検可否 ●1~3級:一次試験合格者(もしくは一次試験免除者)のみ別日程で受検
●4・5級:申込者全員(一次試験の合否を問わず受検可能)
申込者全員(一次試験の合否を問わず受検可能)
受検日数 2日 1日 1日
対象級 1級~5級の7グレード 2級~3級の3グレード
(2019年11月より準1級も実施)
準1級~3級の4グレード

*1 PBTはPaper-Based Testing の略で紙ベースの筆記試験(マークシート等を含む)のこと。CBT はComputer-Based Testingの略で、コンピュータを使用して実施する試験のことであり、パソコンに表示された試験問題にマウスやキーボードを使って解答する形式となります。
*2 4級・5級のスピーキングテストは一次試験とは別の新しいテストで、スピーキングテストの合否は「(4級もしくは5級の)スピーキングテスト合格」として判定されます。4級・5級の級としての資格は従来通り、一次試験の結果のみで認定されます。

※新方式の英検は、「大学入試英語成績提供システム」参加試験の発表時と実施概要が異なるのでご注意ください。

2019年度英検各方式の会場・試験日程等

2019年度に行われる英検の各方式の会場・試験日程等は以下の通りです。

従来型英検の試験日程・会場等

2019年度の検定日と申込受付期間は下記の通りです。なお、受検会場には本会場と準会場があり、それぞれ日程が異なります。

■第1回検定

一次試験本会場/2019年6月2日(日)
準会場(すべての団体)/2019年6月1日(土)・2日(日)
準会場(中学・高校のみ)/2019年5月31日(金)
二次試験 A日程/2019年6月30日(日)
B日程/2019年7月7日(日)
受付期間2019年3月15日(金)~ 5月9日(木)
 ※書店受付締切日は4月26日(金)

■第2回検定

一次試験本会場/2019年10月6日(日)
準会場(すべての団体)/2019年10月5日(土)・6日(日)
準会場(中学・高校のみ)/2019年10月4日(金)
二次試験 A日程/2019年11月3日(日)
B日程/2019年11月10日(日)
受付期間2019年8月1日(木)~ 9月12日(木)
 ※書店受付締切日は9月6日(金)

■第3回検定

一次試験本会場/2020年1月26日(日)
準会場(すべての団体)/2020年1月25日(土)・26日(日)
準会場(中学・高校のみ)/2020年1月24日(金)
二次試験 A日程/2020年2月23日(日)
B日程/2020年3月1日(日)
受付期間2019年11月22日(金)~12月12日(木)
 ※書店受付締切日は12月6日(金)

※同じ試験日に同じ会場で実施する級の中で、隣接した2つの級を一緒に受験することができます。

●従来型英検の試験会場●

●一次試験:
1級・準1級は本会場のみで実施
2級~5級は本会場、準会場、中学・高校特別準会場で実施

●二次試験:
本会場のみで実施

◆会場の区分

●本会場:
全国約230都市・400会場で実施する公開会場。
*1級の二次試験のみ札幌・仙台・横浜・東京・新潟・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・那覇の11都市で実施。

※申込時に受験地の選択はできますが、試験会場は指定できません。具体的な試験会場は申込受付後、受験票に記載されます。(希望の受験地が満員の場合は、他受験地へ移動となる場合があります)

●準会場、中学・高校特別準会場:
受検者が所属する団体(学校・塾・企業など)が団体申込みをする場合に、申込責任者が定めた、申込団体単位の会場。日程などの詳細は、所属団体の英検申込担当者に直接ご確認ください。

◆二次試験のA/B日程の区分け【個人申し込みの場合】

〇1級・準1級:
◇東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・兵庫の受験地で受験する場合…20歳以下はA日程、21歳以上はB日程
◇それ以外の受験地…A日程

〇2級・準2級・3級:
すべてB日程

新方式・英検 CBTの試験日程・会場等

2019年度の英検CBTは毎月実施されます(準1級は2019年11月から毎月実施予定)。第1回検定(4・5・6・7月の毎月実施)、第2回検定(8・9・10・11月の毎月実施)、第3回検定(12・1・2・3月の毎月実施)となっています。

第1回の英検 CBTの試験日程等は以下の通りです。以降の日程は順次発表されます。

試験日申込期間
4月21日(日) 2月4日(月)13時~3月11日(月)17時
(コンビニ支払選択の場合、3月5日(火)23時59分まで)
5月12日(日) 3月4日(月)13時~4月8日(月)17時
(コンビニ支払選択の場合、4月2日(火)23時59分まで)
6月23日(日) 4月1日(月)13時~5月13日(月)17時
(コンビニ支払選択の場合、5月7日(火)23時59分まで)
7月14日(日) 5月7日(火)13時~6月10日(月)17時
(コンビニ支払選択の場合、6月4日(火)23時59分まで)

※申し込みは先着順となります。 ※個人申込のみで、団体申込はありません。

  • ・同一の検定回内で、同じ級を重複して受験することはできません。
  • ・同じ日程で複数の級を午前・午後で受験することができます。隣接級(2級と準2級など)のほかに、2級と3級の受験も可能です。
  • ・同じ回で、通常の英検とは同じ級を受験することができます。例)10月に通常の英検2級と英検CBT2級の受験

●英検CBTの試験会場●

英検CBTは全国14都道府県で実施されます。開催会場は、都道府県によって異なります。2019年2月19日現在、会場数は19か所ですが、順次拡大予定となっています。
※会場ごとに定員があります。定員になり次第締め切りとなります。

各都道府県の会場は、下記のページで確認できます。

【参考ページ】:受験案内|英検CBT|公益財団法人日本英語検定協会

新方式・英検 2020 1 day S-CBT(高校2年生限定)の試験日程・会場等

●試験日程:2019年11月~翌年3月(毎月実施)
●試験会場:47都道府県に配置される予定です(一部、離島を含む)。

※「新方式・英検 2020 1 day S-CBT(高校2年生限定)」に関しては、実施会場・日程の詳細は未発表です。(2019年2月19日現在)

2019年度英検各方式の受検料

英検の検定料は、受検する方式や、受検する級・会場によって異なるため、注意が必要です。

■従来型英検の受検料

本会場と準会場では検定料が異なります。2019年度より、準会場での5級を除き、検定料が値上げされます。

試験級本会場準会場
1級9,500円
準1級7,600円
2級6,500円5,500円
準2級5,900円4,900円
3級4,900円3,900円
4級3,600円2,600円
5級3,000円2,000円

※一次試験免除者も同額となります。

■新方式・英検CBTの受検料

試験級金額(税込)
準1級(※) 9,800円
2級 7,500円
準2級 6,900円
3級 5,800円

※2019年11月より

■新方式・英検 2020 1 day S-CBT(高校2年生限定)の受検料

試験級金額(税込)
準1級 9,800円
2級 7,500円
準2級 6,900円
3級 5,800円

2019年度英検各方式の申込方法

従来型英検の申込方法

日本国内において、個人で従来型英検を申し込む場合は、下記の3つの方法があります。

  • ■インターネット申込
  • (英検IDを持っている場合)英検公式サイトからオンラインで申込みができる。
  • (英検IDを持っていない場合)日本英語検定協会が運営する会員制サイト「英ナビ!」もしくはクイック申込サイトからオンラインで申し込みができる。
  • ■コンビニ申込:コンビニエンスストアの情報端末機で申込期間中24時間いつでも申し込める。
  • ■特約書店申込:全国主要都市に約4,200店ある特約書店で申し込める。

[各申込方法の詳細]

■インターネット申込

(1))英検公式サイト、英ナビ!、クイック申込サイトのいずれかにアクセスします。メールアドレスを持っていない場合は、オンラインでの申し込みはできないのでご注意ください。

●英検サイトの場合:英検サイトにログインします。
【参考ページ】:英検公式サイト

●会員制サイト「英ナビ!」の場合:会員登録し、「英ナビ!ユーザーID」と「英検ID」を取得した後、ログインします。
【参考ページ】:英ナビ!

●英検クイック申込の場合:直接、個人情報を入力して申し込みます。
※申し込み完了後の受付完了メールで英検IDが案内されます。
【参考ページ】:英検クイック申込

(2)各サイトで必要事項を入力します。

(3)決済を行い、検定料を支払います。
※決済は、クレジットカード(JCB・MASTER・NICOS・VISA)の一括払い、コンビニ現金支払(ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート)・郵便局ATM(Pay-easy)での支払いから選択できます。

(4)申し込み完了画面を印刷、または表示される整理番号・支払受付番号を記録します。
※「お申し込みを以下の内容で受け付けました。」の画面が表示された時点で申込完了です。

(5)試験1週間前までに、一次受験票・本人確認票が郵送されます。

■コンビニ申込

(1)コンビニエンスストア店頭の情報端末機にて必要情報を入力します。

《申し込みできるコンビニ》ローソン・ミニストップ・セブン–イレブン・ファミリーマート・サークルK・サンクス

(2)出力される「申込券」を持って、30分以内にレジで検定料の支払いを行います。

(3)試験1週間前までに、一次受験票・本人確認票が郵送されます。

※申し込みは、申込締切日の23:59まで可能です。

■特約書店申込

(1)特約書店にて願書を入手します。

(2)特約書店で検定料を支払い、「書店払込証書」と「領収書」を受け取ります。

(3)書店で受け取った「書店払込証書」と「願書」を専用封筒に入れ、協会へ郵送します。 ※郵送されない場合は、申込完了とならないので注意 ※領収書は送付せず、保管すること

(4)試験1週間前までに、一次受験票・本人確認票が郵送されます。

●一次試験受験上の注意●

1級~3級までの受験者は、本人確認票の写真貼り付け欄に必ず顔写真(縦3cm×横2.4cm、最近6ヵ月以内撮影、上半身無帽、正面、モノクロ・カラーどちらも可)を貼付して試験当日に持参する必要があります。当日は身分証明書(運転免許証・学生証・保険証〈コピー可〉・パスポートなど)も必要となります。本人確認票に写真が貼ってない場合は受検できませんのでご注意ください。

新方式・英検CBTの申込方法

英検CBTの申込はインターネットからのみとなります。

  • (ステップ1) 登録する顔写真(証明写真)を準備する。
  • (ステップ2) 英検CBTの申込ページで、受験上の注意確認を行ったうえで必要事項を入力する。
  • (ステップ3) 顔写真をアップロードする。
  • (ステップ4) 支払い手続きを行う。
  • (ステップ5) 受験票をダウンロード・印刷する。

[各ステップの詳細]

(ステップ1)登録する顔写真(証明写真)を準備する。

英検CBTの申込には受験者ご本人の顔がはっきり確認できる顔写真(証明写真)の登録が必要となります。顔写真は、受験票と成績表に掲載されます。条件を満たしたカラーの顔写真データをあらかじめ準備しておきましょう。

登録する顔写真(証明写真)の規格は下記のページでご確認ください。
【参考ページ】:お申し込み・試験結果|英検CBT

(ステップ2)英検CBTの申込ページで、受験上の注意確認を行ったうえで必要事項を入力する。

下記の英検CBT申込ページで「受験上の注意」を確認し、「同意する」ボタンをクリックします。次ページにて、申し込みのための必要事項を入力します。

【参考ページ】:申込ページ|英検CBT

(ステップ3)顔写真をアップロードする。

申込ページ内で、指示に従って顔写真をアップロードします。規格・条件を満たしていれば自分で撮影した写真でも登録が可能です。 ※写真に不備があると、受験票や成績表に正しく掲載されない場合があります。

(ステップ4)支払い手続きを行う。

受検料の支払い方法は、下記の3種類から選択できます。
・クレジットカード(JCB・MASTER・NICOS・VISA)の一括払い
・コンビニエンスストア(ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート)
・郵便局ATM(Pay-easy)

※コンビニ払いの場合は、締切6日前までに申し込みが必要です。

(ステップ5)受験票をダウンロード・印刷する。

申し込み完了後1時間以内に、「@eiken.or.jp」より申込完了メールが登録したメールアドレスに自動配信されます。その後、「英検CBT申し込み受付サイト」より、受験票をダウンロード・印刷します。受験票はA4サイズで印刷してください。(モノクロ・カラーどちらでも可)

※携帯電話・スマートフォンの画面による受験票の提示・検定申込完了通知等のメールによる代用は認められません。

従来型と新方式、問題形式や出題内容、難易度、採点基準等は全て同じ
全受験者がスピーキングテスト必須なのでしっかり対策を

今後行われる従来型・新方式のすべてで、「試験内容自体は現行の従来型英検と変わらない」とされています。3級以上の場合、全受験者がスピーキングテストまで含めた英語4技能の力が測定されます。受検を考えている人は、目指す級に向けて、必要とされる4技能のレベルをあらかじめ確認し、しっかりと対策をして臨みましょう。

ベネッセのGlobal Learning Center(GLC)では、TOEFL®テスト対策をベースに英検の勉強にも役に立つアカデミックイングリッシュが身につくオンライン英語講座を提供しています。GLCは、「読む」「聞く」だけではない、実践的な英語力をしっかり磨くことができる中高生向けに特化したオンライン講座です。オンラインでネイティブやバイリンガルの先生と対面で会話をしながら、直接指導を受けられるため、日本全国どこにいてもスピーキングを含めた英語のコミュニケーション能力を向上させていくことができます。英語学習方法で悩んだときなどは、専門のカウンセラーからのアドバイスでがっちりとサポート。英語の4技能をバランスよく伸ばしていきたいなら、GLCの活用が断然おすすめです!

※この記事でご紹介している内容は2019年3月1日現在の情報に基づいています。
※最新情報は、英検の公式サイト等でご確認ください。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®テスト対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。中学生・高校生向けTOEFL®テスト対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます