TOEFL®Test対策基礎知識

ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 アメリカの大学に行くには~基礎知識編

アメリカの大学に行くには~基礎知識編

グローバル海外進学コラム

アメリカの大学に行きたい!と思っても、そもそもアメリカの大学進学のためには何が必要かを知らなければ話は始まりません。アメリカの大学への留学を目指すなら、まずはアメリカの大学制度や仕組みについて簡単に知っておきましょう。

アメリカの大学は4,000校以上!
自分のペースで単位を取得して卒業を目指す

アメリカには、2年制大と4年制大を合わせると約4,400校の大学があります。その数は実に日本の約6倍。国土の広さの違いと同様に、アメリカは大学の数も圧倒的に多いのです。また、日本の大学のほとんどは1年ごとの単位取得制ですが、アメリカの大学では学期ごとの単位取得制になっています。それぞれの学期ごとに単位を取れるシステムのため、どの学期からでも入学することができます。さらに、卒業に必要な単位数は定められていますが、それをどのようなペースで取得するかは個人で決められます。単位さえ取得できれば、3年での卒業も可能です。

豊富な専攻分野にはアメリカでしか学べない学問も
専攻決定には柔軟さがあり、入学後にじっくり決められる

アメリカの大学で学べる専攻は900分野と、日本の大学と比べてとても豊富です。「スポーツマネジメント」や「NPO・NGO マネジメント」など、日本では学べる学校が少ない分野もあります。
日本の大学が学部・学科を決めて入学するのに対して、アメリカでは入学時に専攻を決める必要がありません。多くの4年制大で、最初の2年間の一般教養課程が終わるまでに専攻を決めるようになっています。一般教養の課程では選択科目の比率が高く、学生は文系・理系を問わずさまざまな分野の知識を学びながら、自分の専攻を考えられるカリキュラムになっています。専攻の変更も比較的容易であることや、主専攻(major)と関連する副専攻(minor)を組み合わせて学ぶメジャー・マイナー制を取り入れている大学がほとんどであることも、アメリカの大学の特徴です。
また、専攻にとらわれず学問分野を横断して幅広い教養を身につけられるリベラルアーツカレッジもあります。数は多くありませんが、徹底した少人数制で教養教育を実践しており、高い評価を得ています。

単位互換制度があり、複数の大学での単位取得も可能
大学間の転校・編入も日本よりスムーズに

アメリカでは、他の大学で取得した単位を、自分が通学している大学の単位として認定してもらえる、単位互換制度が浸透しています。そのおかげで、2年制大学から4年制大学への編入(※)や、学部の変更、他大学への転校が日本よりスムーズに行えます。複数の大学で学んで単位を取得し、卒業資格を取る、というケースも珍しくありません。
いったん入学した大学に必ずしも卒業までいる必要はないので、成績次第では上位校や、希望する専攻の強い大学への転入も可能です。日本では大学の3年目に他の大学へ転校する、ということはめったにありませんが、アメリカではそれほど驚くようなことではないのです。
※2年制大と4年制大との間に協定が結ばれている場合

アメリカの大学は専攻の数も多く、仕組みも柔軟です。もちろん進路選択の幅も日本よりとても広いと言えるでしょう。学びの自由度が高くて選択肢も多い分、学びたいことや学び方、さらに立地環境など自分の希望をしっかりと固めて、それに合った学校や専攻を探していくことが、アメリカ大学留学を考えるうえで非常に重要になるのがおわかりいただけたでしょうか?

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、アメリカ留学、アメリカ大学進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。
さらに、「アメリカでどんな学問を学びたいのか?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中高生に特化した少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます