TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 カナダの大学に行くには~基礎知識編

カナダの大学に行くには~基礎知識編

グローバル海外進学コラム

世界で2番目に大きな国土を持つカナダ。日本からの留学先や大学進学先としても人気があります。アメリカと同じ北米の英語圏の国ではありますが、アメリカとは教育の環境・制度などで様々な違いがあります。ここではカナダの教育環境や大学制度等について、知っておきたいことを簡単にご紹介します。

世界中から人が集まる多文化のカナダ
整った環境の中で高水準の教育を享受できる

世界各国から人々が集まり、お互いを尊重しあう異文化国家の国・カナダ。公用語は英語とフランス語です。世界中から多くの移民や留学生を受け入れてきた歴史があり、公的機関による留学生のサポートも整っています。留学生にとっては、教育水準の高さ・安全性・生活費の安さに加え、さまざまなバックグラウンドを自然に受け入れてもらえる環境が整っていることは、大きな魅力と言っていいでしょう。
カナダ国内にある4年制の総合大学は全国で90校超。その多くが学内の設備も整っており、高水準の教育環境を誇っています。大学間のレベル差はあまりなく、大学教育および教授陣の質の高さは、世界でも高く評価されています。良好な教育環境で専門的に学びたい人には、うってつけの留学先と言ってよいかもしれません。

州によって大きく異なるカナダの教育システム
単位取得の仕組みや卒業で得られる資格も様々なので要注意

連邦制をとっているカナダでは教育も各州・準州による管轄で、ほとんどの大学が州立なのが大きな特徴です。州ごとに独自の教育システムを持ち、教育に関する制度も州によってかなりの違いがあります。同じ州でも大学・学部によって入学資格や卒業に必要な単位数、卒業で得られる資格は異なります。カナダの大学への進学・留学を検討する場合は、まず事前に詳しく調べたうえで、慎重に学校選びを行う必要があります。
また、総合大学(4年制)のほかに、大学編入プログラムのあるコミュニティカレッジ(2年制)と、特定の専門分野に力を入れた専門学校が、合わせて約240校あります。最近では、ユニバーシティーカレッジ(4年制)という、大学と短大の教育の長所を合わせた学部プログラムや実践面を重視したプログラムを提供する学校も増えてきていますので、いろいろな可能性を視野に入れて考えてみるのもいいでしょう。

大学ごとに幅広く柔軟な選択肢、実践的な学びも可能
卒業後に現地で就労できるチャンスも!

カナダの大学やカレッジにはそれぞれ、教育に関して柔軟な選択肢が幅広く用意されています。コミュニティカレッジには大学編入プログラムのほかに職業訓練コースがあるなど、実践重視の学びも可能です。
さらに、カナダへの留学の魅力の1つとして、フルタイムで在籍している学生の場合は一定の条件のもとで就労が可能であることや、卒業後にカナダでの就労のチャンスがあることが挙げられます。公立(一部私立)の4年制大、2年制大、専門学校などを卒業すると、就学期間に応じて最長3年間カナダで仕事ができる、一般的にPost Graduation Work Permit(ワークパミット)と呼ばれる就労ビザが得られる場合があるのです。海外での就労経験を積みたい人にとっては、卒業後に多文化なカナダで就職して働ける機会は貴重なのではないでしょうか。

バンクーバーなどに代表される洗練された大都会の雰囲気と、ダイナミックな自然が調和したカナダ。大自然に囲まれながら、高水準の教育を受けられるカナダへの大学進学・留学はとても魅力的。なるべく早い時期からしっかりと調べたうえで、海外進学・留学先として検討していきたいですね。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、カナダ留学、カナダ大学進学に必要なTOEFL®Test対策・IELTS対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。
さらに、「カナダでどんな学問を学びたいのか?」「自分に合ったカナダの大学はどこか」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。
中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます