TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 TAFE(テイフ)とは?

TAFE(テイフ)とは?

グローバル海外進学コラム

日本からオーストラリアの大学に進学するルートはいくつかあります。そのうちの1つとしておすすめなのがTAFE(テイフ)。はたしてTAFEとはどんな教育機関で、何が学べるのか? 難易度は? 今回は、オーストラリア大学留学を考える人なら絶対に知っておくべき、TAFEについての情報をお届けします。

TAFE(テイフ)って何?

TAFE(テイフ)とは、Technical and Further Educationの略で、オーストラリアに100校以上ある、州立の職業訓練専門学校のことです。各州のTAFEでは、州内の幾つかのエリアごとに教育機関(Institute)が設置されており、エリア内に複数のキャンパスを持っているのが一般的です。

TAFEには留学生を対象とした様々な専門コースなども開講されていますが、学生の90%以上は現地のオーストラリア人。職業訓練専門学校として地域の様々な職業のニーズに答える多種多様なコースが用意されており、オーストラリアの人々にとって最もポピュラーな進学先。そのため、留学生がTAFEで学べる内容も非常にバラエティに富んでいるのです。主なものだけでも、ビジネス関連(会計、マネージメント、マーケティング)からホスピタリティ&ツーリズム(観光学)、通訳・翻訳、英語教授法、アート&デザイン、チャイルドケア、 ビューティセラピー、ネイル、ヘアドレッシング、エンジニアリング、園芸・農業、福祉、動物関連など、職業に直結した実践的な知識・技術習得のコースから趣味レベルの短期コースまで実に多彩。オーストラリアならではの分野としては、マリン・ツーリズム、ワインメーキング、馬産業(競馬調教、馬上経営)、アボリジニ学などが挙げられます。

また、オーストラリアの教育は即戦力・実戦力重視と言われていますが、中でもTAFEは特定の分野でのスキルに重きをおいた実践的なアプローチが大きな特徴。学習環境は非常に充実していて、最先端のテクノロジーを駆使した設備が整っています。常にタイムリーな専門知識、プロフェッショナルなスキルを身につけることができる点が、TAFEの最大の魅力と言えるでしょう。また、それぞれの産業界と連携して実際の現場での研修・実習が盛んに行われています。実務経験を積みながら学ぶことで、就職のチャンスにつながっているのもTAFEの特徴の1つです。

オーストラリアの大学に入りたい場合、
TAFE経由で編入するのが一つの方法

そんなTAFE、職業訓練専門学校として機能しているだけではなく、留学生がオーストラリアの大学へ編入するためのルートとして、注目されているのをご存知でしょうか。
日本とオーストラリアでは教育のシステムが違うため、日本の高校を卒業した人が直接オーストラリアの大学に入学することはできません。日本からの留学生は、希望する専攻の基礎的な専門知識を身につける「ファウンデーションコース」を修了してから進学するか、TAFEでDiploma(ディプロマ:修了証書)を取得した後、提携する大学に編入する方法が一般的です。

日本人の高校生がオーストラリアの大学に入学する2つの方法

  • ● オーストラリア大学で専門課程の基礎を身につける1年間の「ファウンデーション・コース(Foundation Course)」を修了してから、大学に編入する
  • ● TAFE(テイフ)で修了証書(ディプロマ:Diploma)を取得し、大学へ編入する

TAFEからオーストラリアの大学に編入するメリット

TAFEからオーストラリアの大学に編入する場合のメリットについて記載していきます。

● 学費について

TAFEを経由して大学を目指すことのメリットとしては、まず学費が安いこと。
オーストラリアの大学のファウンデーションコース(1年)の学費は200万円程度かかり、その後の大学3年間の学費が、毎年230万円以上かかります。留学費用の総額は4年間で900万円近くと、かなりの高額になります。
しかしTAFE経由であれば、総額600万円程度からオーストラリアの大学を卒業することが可能です。まず1年通うTAFEの学費は120万円程度(※1)からと、非常にリーズナブル。その後、無事Diploma(ディプロマ)を取得できれば、晴れて大学編入となります。その場合、2年次からの編入になり、TAFEと併せて最短3年で卒業になります(※2)。TAFE経由でオーストラリアの大学に進学すれば、留学費用を大幅に節約することもできるのです。

※1 TAFEの学費について
いずれのケースも生活費は含まず、学費はTAFE・大学などによって異なりますので、金額はあくまで参考になります。

※2 最短3年での卒業について
TAFEとオーストラリアの31の大学との間には、National TAFE-University credit transfer schemesと呼ばれる単位の移行に関する協定が結ばれており、一定の条件を満たせばTAFEで取った単位が大学でも認定されるので、最短3年で大学卒業の資格をとれる場合があります。

● 難易度について

また、TAFEは求められる英語力やその他の成績の基準がファウンデーションコースよりも低いことが多く、入学しやすいという点も、英語が苦手な人にとっては、メリットかもしれません。
ただ、TAFEから2年次に編入できる大学は限られているなど、注意すべき点もあるので、自分が学びたいことや身に着けたい専門性を加味して、よく調べてから検討することが大切です。

【関連記事】: ベネッセの海外進学サポート|オーストラリア進学プラン

【関連記事】: 進学ルート別に見る‐語学学校‐専門学校‐大学|ベネッセの海外進学サポート

TAFE(テイフ)のIELTS対策はGLCで!

TAFEの入学条件は基本的に2つだと言えます。まずは、高校卒業以上であること。そして、最も重要なのが英語力です。TAFEの本科コースに入学するために求められる英語力スコアはIELTSで5.5以上(TOEFL iBT®Testであれば70以上)となります。入学基準の英語レベルに達していなくても出願は可能ですが、その場合はTAFE付属の語学学校や提携している語学学校からのスタートになります。留学生用の英語コースを履修し、一定以上の英語力を身に着けてから入学が許可されるということになります。 スムーズにTAFEへの入学を実現するためには、やはり出願時にIELTS5.5以上のスコアを保持しておきたいところ。なるべく早いうちからIELTS対策・TOEFL®Test対策を行い、高校在学中に何度かIELTSに挑戦して、しっかりと必要なスコアをクリアしておくことが大切です。

TAFE入学に必要な書類

  • ● 出願
  • TAEF本科コースへの入学願書
  • 高校卒業証書(英文)
  • 最終学歴の成績証明書(英文)
  • パスポートのコピー

  • ● 英語力
  • 英語力の証明書(IELTSで5.5以上/TOEFL iBT®Testであれば70以上)

IELTS対策・TOEFL®Test対策にはベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」を活用しましょう。中学生・高校生のIELTS対策・TOEFL®Test対策に特化したオンライン講座で、ネイティブやバイリンガルの先生から直接指導してもらうことができます。海外進学や進路の悩みについて専門のカウンセラーに相談することも可能。TAFEへの留学、さらにはオーストラリアの大学進学への道を、しっかりサポートしてもらえます。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、オーストラリア留学、オーストラリア大学進学に必要なIELTS対策・TOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。
さらに、「オーストラリアでどんな学問を学びたいか?」「自分に合ったオーストラリア留学のルートは?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。
中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます