TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 翻訳家になるには?

翻訳家になるには?

グローバル海外進学コラム

通訳と並んで、外国語を自在に操る仕事として人気を集める職業・翻訳家。憧れる人は多いけれど、その実態を知っている人は意外と少ないようです。はたして翻訳家とはどんな仕事内容なのか?翻訳家になるには、どんな力を身につけるべきなのか?今回は翻訳家についてご紹介します。

英語を使う仕事・翻訳家

翻訳家とは?

翻訳家の仕事を一言であらわすならば、「外国語で書かれた文章を日本語に訳す仕事」ということになります。海外のカルチャーやビジネス、学問に関する知識や情報などを日本国内に紹介する翻訳家は、国と国との相互理解の橋渡しを担っています。翻訳作業は、文化や言葉が異なれば、ちょっとした言葉遣いで、誤解や行き違いが生まれることがあります。そのため、原文の意味を尊重しながら、背景にある文化や歴史、言葉の含みや雰囲気を理解したうえで、的確に伝える必要があります。また、読みやすい文章で伝えるための日本語の技術・表現センスも求められますし、原書の内容によっては、最先端の学問に関する知識が必要になるため、普段から専門分野の勉強を続けることも大切です。
翻訳家とは、各国の文化や価値観、言語などの違いや、最新の専門知識、情報などへの深い理解と、「言葉のプロ」として磨き抜かれた日本語の表現力が必要とされる職業なのです。

翻訳の種類

翻訳の仕事は大きく3つのジャンルがあります。同じ翻訳でも、扱う分野によって必要な知識や求められるスキルは少しずつ異なります。

■ 文芸翻訳

海外の書籍や雑誌、歌詞などのさまざまな文芸作品の翻訳です。文芸作品の場合は、正確さだけでなく、作品の雰囲気やニュアンスまでを伝える翻訳が求められます。外国語の能力や外国文化への理解はもちろん、高い日本語の能力が必要です。

■ 実務翻訳

ビジネス文書、学術書、マニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する書類や文献の翻訳です。医療、金融、ITなど扱う分野に関する専門的な知識が求められる場合があります。国際的な雑誌に掲載する論文の英語のチェック、海外に輸出する日本製品の外国語の説明書・書類の作成や海外とのメールのやりとりなどに携わることもあります。

■ 映像翻訳

海外の映画やドラマ、ドキュメンタリーなどの字幕を作る翻訳です。人が文字を読む速度には限界があるため、限られた字数内に字幕をまとめることが要求されます。また、正確な翻訳には、その国の文化や風習、スラングなどへの理解も必要なため、高度な語学力とセンスが必要です。特に映像翻訳は多くの人の目に触れる映画等の翻訳のため、チーム作業で協力しながら練り上げる事が多いのも特徴の一つです。

翻訳家の働き方

翻訳家は、企業に所属して会社員として働く人がいる一方、フリーランスで活躍する人が少なくない職業。翻訳会社に登録し、個別に仕事を紹介してもらうという働き方が一般的なようです。活躍する翻訳家になるには、質の高い実績を地道に積み重ねつつ、仕事の紹介先を広げる人脈作りを行うことが大切です。なお、JTA公認翻訳専門職資格試験を取得しておくと仕事獲得に有利になることがあるようです。

翻訳家になるには

翻訳家として働くために、必須とされる資格は特にありません。しかし英語であれば英検1級、TOEIC® L&R TEST 900点台レベルの高い語学力が必要と言われています。翻訳家になるためのルートは、大きく2つ。
まず1つ目は、翻訳家を養成する専門学校やスクールに通って学ぶ方法。その場合、翻訳会社が経営していることも多く、優秀であればそのまま就職したり、進路を紹介してもらえることもあるようです。2つ目は、国内の国際系大学、外国語大学、大学の外国語学科などに進学して、専門的に語学を学ぶ方法。大学を卒業すれば必ず翻訳家になれるわけではありませんが、高いレベルで語学力を磨くことはもちろん、語学だけではない様々な知識や教養、経験を身につけられるのが大学の良いところ。幅広い分野の、最先端の知識・情報を学んでおくことは、翻訳家になるうえで必ずプラスになります。

国際系大学への進学には早めの英語対策を

特に、国際系大学への進学には、入試の時点である程度の英語力が必要になるので、早いうちから英語対策を行なっておくことが必須です。高い英語力を磨いていきたいなら、ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」を活用してみては?中学生・高校生向けに特化した英語力アップのオンライン講座で、ネイティブやバイリンガルの先生から直接指導してもらえるため着実に実力を伸ばすことができます。国内の国際系大学は、入試でTOEFL®テストスコアが使える大学が少なくないため、TOEFL®テスト対策は非常に有効です。GLCを上手に活用して、国際系大学から翻訳家への道、目指しましょう!

【関連記事】:通訳になるには?
【関連記事】:TOEFL®テストスコアを入試で使える大学・学部

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、国際基督教大学ICUや国際教養大学AIU等の国内国際系大学に必要なTOEFL®テスト対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。
「海外でどんな学問を学びたいか?」「自分に合った大学は?」「将来、グローバルに働くには?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった学習や進路の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。
中学生・高校生向けTOEFL®テスト対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます