TOEFL®Test対策基礎知識

ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 海外の名門芸術大学ってどこ?〜後編

海外の名門芸術大学ってどこ?〜後編

グローバル海外進学コラム

前回のコラムでは、アート・デザインを本格的に学びたい方、将来は世界で活躍する一流アーティストを夢見ている方に向けて、海外の一流芸術大学をご紹介しました。今回はその後編。引き続き、世界のトップアーティスト、トップデザイナーを輩出している注目の海外芸大の情報をお届けします。

海外の名門芸大、こんなにあった

日本にも優れた芸術大学はたくさんありますが、世界中の才能あふれる人たちに揉まれながら学べる海外の芸大は、非常に刺激的でエキサイティング。芸術で世界に羽ばたきたい方は、海外の芸大も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

スクール・オブ・ヴィジュアル・アーツ(SVA)

■大学概要
1947年に数名の漫画家とイラストレーターによって創立された私立の4年制大学。開校当初はカートゥーニスト&イラストレータースクールという名称で、漫画家とイラストレーター養成の専門学校でした。現在は、社会に貢献するアーティストを育てることを教育理念とした全米最大規模を誇る美術系大学となっており、イラスト、アニメーション、CGなどの学科が多く設置されています。イラスト、アニメなどの分野で活躍するアーティストやデザイナーを多数輩出し、とくに著名な卒業生としてはポップアートの先駆者であるキース・へリング、ウォルト・ディズニーでデジタル部門監督を務めたイサーク・V・カーロウ、ピクサーのアートディレクターを務めたアニメーションアーティストの堤大介などがいます。

■学べる学問
専攻(学科)は広告、アニメーション、漫画、コンピューターアート&アニメーション&ヴィジュアルエフェクト、デザイン、映画&映像、イラストレーション、インテリアデザイン、写真、ヴィジュアル&クリティカルスタディの10種類。同校は全米で初めて漫画に関する学位を設けた大学で、漫画を本格的に学ぶことのできる数少ない教育機関のひとつとしても認められています。漫画学科と共に、広告学科、写真学科なども高い人気を誇っています。その他、アーティストとしての感性や視点を学ぶ人文科学系の授業も充実しています。

■出願書類
・高校の成績証明書(GPAスコア)
・志望動機書(500語程度)
・ポートフォリオ(15~20点提出・専攻によって要件は異なる)
・TOEFL®TestまたはIELTSまたはPTEのスコア

■TOEFL®Test等で求められる基準スコア
・TOEFL iBT®Testなら80以上、IELTSなら6.5以上、PTEなら53以上

■大学のURL
http://www.sva.edu/

サバンナ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(SCAD)

■概要
アメリカの南東部に位置するジョージア州・サバンナに本校があるアート・デザイン・ファッションに特化した私立大学。創立は1978年と比較的新しいですが、アメリカ南東部でアート&デザインスクールといえばSCADと言われるぐらいの名門です。DesignIntelligenceが発表した2015年度の「アメリカTOP5 アート&デザイン大学 ベストインテリアデザイン学科ランキング」では1位にランクされています。 著名な卒業生には、アメリカンコミックアーティストのLuna Brothersや、アーティストのJefferson Wood氏などがいます。

■学べる学問
環境維持デザインやマネジメントデザイン、サービスデザインなどを学べる「デザイン学部」、ファッションやアクセサリーデザインなどを学べる「ファッション学部」、絵画や写真などを学べる「美術学部」など多種多様な専攻が用意されています。漫画やアニメーション、ドラマ脚本、テレビプロデュースなどを学ぶこともできます。数ある専攻の中でも「ビルディングアート学部」のインテリアデザインや建築の授業は全米で非常に高い評価を受けています。

■出願書類
・高校の成績証明書(GPAスコア:目安は3.0以上)
・TOEFL®TestまたはIELTSまたはSATまたはACTまたはPTEのスコア
※GPAが3.0以下の場合、以下の書類の提出が推奨されている(任意)
・推薦状(1~3通)
・志望動機書(500語以内)
・ポートフォリオ
・受賞履歴などのレジュメ
・インタビュー(電話の場合もあり)

■TOEFL®Test等で求められる基準スコア
・TOEFL iBT®Testなら85以上かつ各セクションのスコアがすべて20以上
・IELTSなら総合6.5以上かつスピーキング、ライティングの両方が6.5以上
※総合スコアが基準をクリアし、各セクションのスコアが基準を満たしていない場合はケースバイケースで評価

■大学のURL
https://www.scad.edu/

イリノイ工科大学・デザイン大学院

■大学概要
イリノイ工科大学はシカゴにある私立の名門工科大学で、建築、エンジニアリング、科学、心理学、ビジネス、通信、ジャーナリズム、デザイン、法律など、幅広く学ぶことができます。デザイン関係では、大学院(ID)が高い評価を得ており、デザイン戦略やデザインに関する調査・研究などで実績を残しています。卒業生はデザインストラテジストやリサーチャーなどの仕事に就く人が多いようです。

■学べる学問
イリノイ工科大学では、デザインに関する学科は修士課程(マスターコース)のみとなっています。デザイン研究科(Master of Design)とデザイン方法論研究科(Master of Design Methods)が主要なコースですが、デザイン研究科+MBA(Master of Design+MBA)というデザインとビジネスを融合させたユニークなプログラムもあります。さらに、デザイン系大学出身でない人向けのデザイン基礎科(Design Foundation)や、留学生のための英語+デザイン(English+Design)というコースも用意されています(TOEFL iBT®Test 80~100の人は要受講)。

■出願書類
・卒業証明書
※日本人の場合、4年制大学の学位以上が必要。
・ポートフォリオ
※デザイン研究科とデザイン方法論研究科で要提出。たとえばデザイン研究科の場合、少なくとも3つのプロジェクトが必要。批評的思考(Critical thinking)、コンセプト作り(Concept exploration)、解決法の提案(Proposed solutions)などが分かるように5~15ページ程度で構成する。
・志望動機書
※デザイン研究科とデザイン方法論研究科で要提出。キャリア目標やIDへの進学理由を1~3ページ程度(500~2000語)でまとめる。
・履歴書/職務経歴書
※通常、社会人として2~4年程度の実務経験が必要だが、必須ではない。フルタイムインターンシップ、ボランティア、フリーランスの経験も考慮される。
・GREまたはGMATまたはTOEFL iBT®TestまたはIELTSのスコア
※デザイン研究科志望者でデザイン系の学位を保持していない場合は、GREまたはGMATスコアの提出が必要(GREスコア:310以上、またはGMATスコア:600以上が求められる)
・推薦状(3通)
※大学の教授や上司・同僚などから、あなたの目標や能力について、また、それらが当大学院にどのように寄与するかについて言及したもの。

■TOEFL®Test等で求められる基準スコア
・TOEFL iBT®Testなら100以上、IELTSなら7.5以上

■大学のURL
https://www.id.iit.edu/

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学に必要なTOEFL®Test対策やSAT®対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩目を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます