TOEFL®Test対策基礎知識

IELTSとは?

IELTSの基礎知識

IELTS(International English language testing system)は、海外留学や海外での就職、海外移住などの際に必要となる英語力を測るためのテストです。日本ではIELTSよりもTOEFL®Testの方がメジャーですが、どちらも英語圏の高等教育機関で認められている英語能力判定テストで、それぞれに長所があります。
ここではIELTSの概要について、簡単に説明します。

イギリスなどでの学習や生活に必要な英語力を判定する国際的なテスト
「海外留学・就職」または「海外移住」、目的によってモジュールが異なる

IELTSは、ブリティッシュ・カウンシル、IDP:IELTS オーストラリア、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同運営しているテストで、世界140ヵ国・1,000以上の会場で受験することができます。日本国内ではブリティッシュカウンシルと公益財団法人日本英語検定協会が共同運営をしています。
もともとIELTSは、英語の環境で授業についていく、または仕事や生活をしていく英語力がどの程度あるかを測るために考案されました。海外留学や研修の際や、イギリス、オーストラリア、カナダなどの海外移住ビザの申請のために英語力を証明する必要がある場合に使われており、世界各国9,000以上の機関に採用されています。
イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドではほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFL®Testに代わる試験として入学審査の際に採用する大学等が3,000校以上にのぼっています。
テストの所要時間は約2時間45分で、4つの英語能力(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)が総合的に測られます。

IELTSの目的と種類

IELTSには、アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類があり、どちらかを選んで受験します

アカデミック・モジュール

受験生の英語力が、英語で授業を行う大学・大学院に入学できるレベルに達しているかどうかを評価するためのモジュールです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの大学・大学院では、アカデミック・モジュールのテスト結果が入学許可の判断基準となっています。海外の大学・大学院等への進学を希望する場合や、英語圏での看護師や医師登録申請をする場合は、一般的にアカデミック・モジュールを受験します。

ジェネラル・トレーニング・モジュール

イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドへの移住申請やビザの申請などで英語レベルを求められた際のモジュールです。海外への移住のほか、企業研修など英語圏で学業以外の研修を考えている場合は、一般的にジェネラル・トレーニング・モジュールを受験します。

IELTSの実施会場

日本では、IELTSのテストは全国18都市でほぼ毎週実施しています。ただし、実施会場は試験日により異なります。テスト結果の有効期間は2年間です。
(2015年IELTS実施会場:札幌・函館・仙台・東京・埼玉・横浜・松本・都留・金沢・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・高知・福岡・沖縄)

IELTSのテストの形式・構成

IELTSの2つのモジュールは、いずれもリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのテストで構成されています。リスニングとスピーキングは共通の問題ですが、リーディングとライティングはアカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールでテストの問題が異なります。 リスニング、リーディング、ライティングの3セクションのテストは基本的に鉛筆による筆記形式で、同日に実施されます。各セクション間に休憩はありません。スピーキングは面接官との1対1のインタビュー形式で、筆記試験の前後6日以内に行われます。(通常、東京・大阪の試験では筆記試験の翌日に実施)

Listening(リスニング)

[試験時間:30分+10分(解答をマークシートに書き写す時間)/問題数:約40問]

4つのセクションに分かれており、日常的な会話や話し言葉から、講義、セミナーまで多岐にわたる内容が出題されます。どのセクションも会話や文章が録音された音声を一度だけ聞き、その内容に関するいろいろな形式の問題(選択問題や空欄補充問題、記述式問題など)に答えていきます。音声はさまざまなネイティブスピーカーの声やアクセントが使用されます。 なお、音声を聞きながら問題用紙にメモをとることができます。

各セクションの主な内容
  • セクション1:日常生活における2人の人物による会話(宿泊施設の予約など)です。
  • セクション2:日常生活におけるモノローグ(地域の施設に関する描写や、食事の手配に関する説明など)です。
  • セクション3:大学における複数(最大4名)の人物の間の会話(課題について話し合う大学の指導教官と学生や、研究計画について議論する学生など)です。
  • セクション4:学術的なテーマに関するモノローグ(大学の講義など)です。

Reading(リーディング)

[試験時間:60分/問題数:約40問]

3つのセクションに分かれており、3つのパッセージが出題されます。文章の長さは全体で2,150語~2,750語で、それらに関するさまざまな形式の問題(選択問題、正誤問題、空欄補充問題など)に答えます。
アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールで、問題構成が大きく異なります。

アカデミック・リーディング
3つの長文が出題されます。問題文は書籍、専門誌、雑誌、新聞などからの抜粋で、学術的なトピックに関して一般読者向けに書かれたものです。大学・大学院生が読めなければならないレベルの文章が、社会科学、人文学、自然科学など幅広い分野から選ばれます。
少なくとも1問は論理的な議論を扱ったものであり、その他にグラフやイラストを使用した文章が出題される場合もあります。専門知識は必要とされず、文章中に専門用語が使われている場合には、簡単な用語解説がついています。

ジェネラル・トレーニング・リーディング
セクション1~3に分かれていて、どのセクションも、問題文は実際の広告、公的文書、企業ハンドブック、雑誌、書籍、新聞、マニュアル、注意書き、チラシ、時刻表などからの抜粋です。
セクション1では、2~3の短文が出題されます。内容は英語圏での日常生活に関連したものです。実際に現地での生活を始めたばかりの頃に経験する状況を想定した問題が多い傾向があります。
セクション2では、仕事に関連した2つの短文(求人への応募、企業方針、給与や労働条件、職場環境、人材育成と研修など)が出題されます。
セクション3では、一般的なトピックを扱った比較的長めで複雑な文章が出題されます。

Writing(ライティング)

[試験時間:60分/問題数:2題]

課題は2つのパートに分かれています。Task1は約20分で最低150語以上、Task2は約40分で最低250語以上書くことが求められます。どちらも文字数が規定分量を満たしていない場合や、同じ表現が繰り返し使われている場合は、大幅なスコアダウンにつながります。
アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールでは、問題の内容が異なります。

アカデミック・ライティング
Task1では、グラフや表、図形を見て内容を読み取り、それを150語以上のレポートで説明します。物事の過程や手順の説明を問われることもあります。
Task2では、与えられたテーマについて、250語以上で自分の意見や主張をエッセーにまとめます。大学・大学院の試験の論文などを想定したような問題といえます。
どちらのTaskでも、アカデミックな改まった文体・構成で文章を書くスキルが求められます。

ジェネラル・トレーニング・ライティング
Task1では、与えられた状況に合わせて、現状を説明したり情報を請求したりする手紙を150語以上で書きます。個人的な内容の文章を書く場合もあれば、よりフォーマルな文章を書くことが求められる場合もあります。
Task2では、与えられたテーマについて、250語以上で自分の意見や主張をまとめたエッセーを書きます。テーマは日常的な生活に関する意見の場合が多く、アカデミック・ライティングほど改まった文体は要求されません。

Speaking(スピーキング)

[試験時間:11分~14分]

3つのパートから構成されています。試験官との1対1のインタビュー形式で行われ、テストの内容はすべて録音されます。

  • Part 1:自己紹介と日常生活に関する質問(4~5分)
    まず簡単な自己紹介を要求された後、試験官から受験者のことに関する質問をされます。(家族、仕事、勉強、趣味など)
  • Part 2: スピーチ(3~4分)
    試験官から渡されたカード(Taskcard)に書かれたトピックについて1~2分間のスピーチを行います。その際、同じカード内で指示されているポイントを加味して、自分の体験や考えを述べる必要があります。受験者には1分間の準備時間とメモを取るための鉛筆・紙が与えられます。スピーチの後に、試験官から内容に関して1~2つの質問があります。
  • Part 3:ディスカッション(4~5分)
    Part 2のトピックに関連・派生した事柄について、試験官とディスカッションをします。トピックの内容について、試験官からより掘り下げた質問がされるので、自分の考えを理論立てて説明する力が求められます。

IELTSの評価方法

IELTSのテスト結果は、1.0(非ユーザー)から9.0(エキスパート・ユーザー)のバンドスコア(熟練度)で示されます。スコアは0.5刻みの表示で、とくに合格、不合格はありません。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの各パートごとの英語力がバンドスコアで示されるほか、総合評価として平均値のオーバーオール・バンド・スコアが与えられます。
入学・受入のための必須スコアは機関によって異なり、特定のパートでの最低得点ラインが設けられているところもあります。一般的に、イギリス・オーストラリア・ニュージーランドの大学の場合、オーバーオール・バンド・スコア6.0から6.5が入学基準となっています。(出願先の条件を必ず確認してください)

IELTSに関するその他の詳細については、以下のウェブサイトに掲載されています。
http://www.britishcouncil.jp/exam/ielts

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「海外でどんな学問を学びたいか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

※ この記事でご紹介している内容は2015年7月現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます