TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 TOEFL試験/テスト対策を始める前に知っておこう「TOEFLとは?」

TOEFL試験/テスト対策を始める前に知っておこう「TOEFLとは?」

TOEFL対策基礎知識

TOEFL®テストは「英語を母国語としない人の英語力」を判定するテストです。英語圏の大学・大学院の多くが留学希望者の英語能力を測定する際に使用しているので、海外留学や海外大進学などのグローバルな進路を目指す中学生・高校生の皆さんにとっては対策が必須のテストと言えます。ここではTOEFL®テストの概要を簡単にご説明します。海外大学受験に向けてTOEFL®テスト対策をする前に、まずはTOEFL®テストについての基礎的な理解を深めましょう。

TOEFLテスト試験対策

TOEFLでは英語圏での実生活に必要な4技能を総合的に測定
海外留学には必須、国内の大学・大学院入試での優遇も

TOEFL®テストとは「Test of English as a Foreign Language」の略。1964年に、英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)によって開発されました。現在、世界で最も広く用いられている英語能力テストと言えます。
海外の大学に留学・進学した際、実生活でのコミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

TOEFL®テストの目的

もともとTOEFL®テストは、受験者が英語圏(主に米国とカナダ)の大学・大学院に入学して学業を修めるのに必要な英語力があるかどうかを見極めることを目的としています。現在は、世界中で130カ国9,000以上の機関が、TOEFL®テストのスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。
とくに米国やカナダの大学・大学院への正規留学の際には、入学審査基準の1つとしてTOEFL®テストのスコアが要求されるので、北米圏への海外留学・進学を考える中学生・高校生にとっては必須のスキルです。
さらに、最近では早稲田大国際教養学部や上智大国際教養学部、ICU、国際教養大、慶應大学AO入試など、日本国内の大学入試でもTOEFL®テストスコアを選考基準の一つに加えるところが増えており、ますますその注目度は高まっています。

TOEFL®テストの種類

TOEFL®テストにはペーパーテスト形式のTOEFL PBT®テスト(Paper-Based Testing) と、問題の提供・答案の回収をインターネットで行うTOEFL iBT®テスト(Internet-Based Testing)があります。
インターネット環境が整っていない一部の国ではTOEFL iBT®テストとTOEFL PBT®テストが併用されていますが、日本で現在行われている公開試験はTOEFL iBT®テストのみです。
また、最近では団体受験向けにTOEFL ITP®テスト(Institutional Test Program)も広がりを見せています。TOEFL ITP®テストのスコアは学内プログラムの効果測定、プレースメント(クラス分け)、交換留学希望者の選考などに利用されています。

TOEFLテスト TOEFL iBT TOEFL PBT TOEFL IPT

関連記事

TOEFL®テストの問題形式
TOEFL®テストスコアを入試で使える大学・学部
IELTSとTOEFL®テストの違い
TOEFL®テスト、IELTS、SAT® 受けるならどれ?

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学に必要なTOEFL®テスト対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「海外でどんな学問を学びたいか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®テスト対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

※ この記事でご紹介している内容は2015年7月現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます