TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 TOEFL®TestとTOEIC® L&R TESTの違い

TOEFL®TestとTOEIC® L&R TESTの違い

TOEFL対策基礎知識

TOEFL®Testと名称がよく似ている英語の能力テストにTOEIC® L&R TESTがあります。どちらを受けても同じだと思いがちですが、2つのテストの目的はまったく違います。たとえば、一般的に海外留学を目指す場合、TOEFL®Testのスコアは利用できることが多いですが、TOEIC® L&R TESTで高得点を獲得したとしてもそのスコアを出願に利用することはできません。ここではTOEFL®TestとTOEIC® L&R TESTの相違点をご紹介しますので、2つのテストの異なる目的をしっかりと理解しましょう。

海外留学にはTOEFL®Test、ビジネスシーンの英語ならTOEIC® L&R TEST

TOEIC® L&R TESTは、「Test of English for International Communication」の略。「国際的なコミュニケーションのための英語力判定試験」を意味しています。主に日本と韓国のビジネスパーソン向けに作られた、英語によるコミュニケーション能力全般を測る試験です。日本での就職活動の際や、企業内での管理職への昇進や海外赴任の条件としてTOEIC® L&R TESTのスコアが使われることが増えています。
それに対してTOEFL®Testは、「Test of English as a Foreign Language」の略で、「英語を母国語としない人を対象に実施される英語能力判定試験」を意味しています。主に、英語圏(特に北米)の大学・大学院等への留学希望者を対象に、留学に必要な英語コミュニケーション能力を備えているかどうかを測る試験です。
英語圏(特に北米)の大学・大学院等に留学する際には、TOEFL®Testスコアの提出がほぼ必須です。また、近年では日本の大学院入試で採用されたり、大学入試においても、上智大国際教養学部、早稲田大学国際教養学部やICU、慶應大学AO入試など、TOEFL®Testスコアを選考基準の一つに加えるところが増えています。

TOEFL®TestとTOEIC® L&R TESTそれぞれの特徴と違い

TOEFL®TestとTOEIC® L&R TESTには根本的な目的の違いだけでなく、テストの内容や形式でもいくつかの違いがあります。それぞれの特徴を把握したうえで対策する必要があります。

  • 1)テストで扱われる内容の違い

    TOEIC® L&R TESTはビジネスにおける英語能力を測るためのテストなので、とくにビジネスシーンでの英語に重点が置かれています。そのため、ビジネス英語や英語の丁寧語表現、また実際の生活に密着した英語が数多く出題されます。手紙、広告、メール等の情報を素早く読み取る力や、会社での会議のアナウンス等を聞き取る力などが問われます。
    TOEFL®Testはアメリカやカナダの短期大学、大学、大学院の入学希望者が、その国の授業についていけるだけの英語力を持っているかを判定するために利用されるテストなので、扱われる内容が学術要素をふんだんに含んだものになっています。大学生活での学生同士の会話や、大学での講義に関する生物、科学、心理学、政治・経済などアカデミックな分野を題材にして出題されます。高いスコアをとるためにはアカデミックな語彙習得が必要なため、しっかりとした対策が必要です。

  • 2)試験時間の違い

    TOEIC® L&R TESTの受験時間:約2時間
    リスニングセクション[100問・約45分]と、リーディングセクション[100問・75分]で構成され、合計200問を約2時間で解答します。

    TOEFL®Testの受験時間:約4時間~4時間半
    リーディング(Reading)、リスニング(Listening)、スピーキング(Speaking)、ライティング(Writing)の4つのセクションで構成され、約80~130問を約4時間~4時間半で解答します。

    TOEFL®TestはTOEIC® L&R TESTの約2倍の試験時間があるため、体力的にも精神的にもハードだと言えるでしょう。TOEFL®Testにはリスニングとスピーキングセクションの間に10分間の休憩がある(TOEIC® L&R TESTには休憩はない)ので、休憩をうまく活用して集中力を持続させる必要があります。

  • 3)テスト開始時間の違い

    TOEIC® L&R TEST:すべての受験者が一斉に13:00からスタート

    TOEFL®Test:到着した受験者順にテストが開始されるので、それぞれの受験者によって開始時間が異なります。日本ではだいたい10:00前後から開始されます

  • 4)テスト形式の違い

    TOEIC® L&R TEST:マークシート形式
    問題用紙はすべて英語で印刷されており、解答方法の指示放送もすべて英語で行われます。解答はすべてマークシート方式です。

    TOEFL®Test:インターネット受験形式
    受験者は各自1台のコンピューターとマイクが付いたヘッドセットを使って解答します。解答はすべてコンピューター上で、クリックまたはタイピングで行います。

  • 5)出題される分野の違い

    TOEIC® L&R TESTではリスニングとリーディングの2セクションだけなのに対し、TOEFL®Testではその2つにプラスしてスピーキングとライティングのセクションがあります。さらに、「読む」「聞く」「書く」「話す」という個別の能力だけでなく、「読んで聞いて話す」「読んで聞いて書く」などの統合型の問題が出題されるのもTOEFL®Testの特徴です。
    なお、TOEIC® L&R TESTでは文法問題が52問出題されますが、TOEFL®Testでは文法問題は出題されないことも大きな違いと言えるでしょう。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「海外でどんな学問を学びたいか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

※ この記事でご紹介している内容は2015年7月現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます