TOEFL®Test対策基礎知識

ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 TOEFL®Testスコアを入試で使える大学・学部

TOEFL®Testスコアを入試で使える大学・学部

TOEFL対策基礎知識

TOEFL®Testは海外留学するために受けるもの、と考えている人も多いかもしれません。しかし近年では、TOEFL®Testスコアが日本国内の大学での学内単位認定や入試の際に利用されたり、日本の大学院入試で優遇条件となったりする場合が増えてきています。
ここでは日本国内の大学・大学院におけるTOEFL®Testスコアの活用例をご紹介します。

大学入試ではAO入試や一般推薦入試で活用
出願条件・優遇条件の1つに

現在の大学入試では、TOEFL®Testはまだ本格導入されてはいませんが、近年では、約半数の国内の大学でAO入試や一般推薦入試などの出願条件や優遇条件の1つになっているというデータもあります。「英語運用能力を客観的に測定できる試験だから」や「学生に対して客観的な評価基準を示せるから」などの理由で、TOEFL®Testスコアが利用されています。
なお、一般的に求められるスコアはTOEFL iBT®Testテストで40~60点台が多く、外国語学部や国際系学部などの英語力が特に求められる学部などでは70点以上のスコアが求められることもあります。

大学入試でのTOEFL®Test活用事例

●一橋大学 商学部/一般推薦入試 出願要件の一部
TOEFL iBT®Test93 点以上

●千葉大学 法政経学部(法政経学科)/特別推薦入試 出願要件の一部
TOEFL iBT®Test79点以上

●国際教養大学 国際教養学部/一般入試 特例措置
TOEFL iBT®Test71点以上はセンター試験の英語科目を満点と換算

●上智大学 /公募制推薦入試 出願要件の一部
(例)
国際教養学部 国際教養学科 TOEFL iBT®Test79点
外国語学部 英語学科 72点
経済学部 経営学科 72点 など

●早稲田大学 政治経済学部/グローバル入試 出願書類の一部
TOEFL iBT®Testのスコアカードを出願書類に同封

●法政大学 GIS(グローバル教養学部)/自己推薦入試 出願資格の一部
TOEFL iBT®Test76 点以上

●中央大学 /英語運用能力特別入試 出願要件の一部
法学部TOEFL iBT®Test68点以上
経済学部TOEFL iBT®Test68点以上
商学部TOEFL iBT®Test68点以上

●立命館大学 国際関係学部(国際関係学科 グローバル・スタディーズ専攻)/AO入試「グローバル・スタディーズ専攻選抜方式」出願要件の一部
TOEFL iBT®Test71点以上

●立教大学 /一般入試
2016年春の入試より全学部の一部定員について、TOEFL®Testで基準を満たす成績を取れば入試ので英語試験を免除

大学院入試ではTOEFL®Testスコア提出が必須の場合も
ハイスコアを持っていれば入試で有利

日本国内の大学院では、年々、英語力が重視される傾向があります。大学院入試の出願の条件としてTOEFL®Testのスコア基準を設けている大学院もあれば、英語の試験の代わりにTOEFL®Testのスコアを提出する大学院もあります。
また、任意でのTOEFL®Testスコアの提出で、入試の際に優遇措置が受けられる大学院も増えています。英語教育や国際化に力を入れている大学院では、TOEFL®Testで高いスコアを持っていれば試験が免除になることもあります。
受験生としては、あらかじめTOEFL®Testで高いスコアを獲得していれば高い英語の評価が見込めますし、他の分野の受験対策に力を入れることもできるので、入試で非常に優位に立つことができるといえるでしょう。

大学院進学を考えている方にとっては、今やTOEFL®Testなどの英語試験で高いスコアを取ることは合格のための必須の課題となってきています。しかし、TOEFL®Testは大学院入試の際だけに役立つものではありません。大学院で研究を進めていく上で、英語の文献を読んだり、英語で論文を書いたりする機会は非常に多くあります。国際学会での発表をする場合は、英語で話す力も求められます。英語の4技能で高いスキルを持っていることは、大学院で研究するために必要な条件でもあるのです。大学院進学を目指している場合は、早いうちからTOEFL®Test対策をしっかりとして、確かな英語力を身に着けていくことが大切であることがおわかりただけるでしょう。

大学院入試でのTOEFL®Test活用事例

●東京大学大学院 工学系研究科
入試での英語の試験は、TOEFL ITP®Testテストが実施されます。専攻によっては、出願時に TOEFL iBT®Testのスコアを提出することで英語試験の代替とすることができます。

●京都大学大学院 情報学研究科
出願時にTOEFL®Testのスコアの提出が必要です。

●東北大学大学院 工学研究科
科学・バイオ系の専攻を除く専攻では入試で英語試験を行わず、代わりに出願時にTOEFL®Testのスコアシートの提出が必要です。

●一ツ橋大学大学院 経済学研究科
出願時に必ずTOEFL®Testのスコアの提出が必要です。

●大阪大学大学院 情報科学研究科
情報基礎数学専攻を除く専攻では、入試で英語試験を行わず、出願時に提出されたTOEFL®Testのスコアが英語能力の評価に利用されます。

●慶應義塾大学大学院 法務研究科(法科大学院)
出願時に、「外国語能力証明書」として任意でTOEFL®Testのスコアを提出することができます。TOEFL iBT®Testは100点以上で特に評価されます。

大きく変わろうとしている日本の大学入試
2021年度から新共通テスト導入へ

グローバル化が進む中で、国際共通語である英語力の向上が必要であるとの認識から、日本では現在、大学入試改革が推し進められています。これまでの大学入試センター試験は廃止され、2021年度入試からは新共通テスト導入される見込みです。それに向けて、2014年12月、文部科学省には「英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会」(以下、連絡協議会)が発足しました。

大学入試でも英語の4技能を重視
TOEFL®Testなど外部の資格検定試験の活用を検討

これまでの大学入試英語の多くは「読む」「聞く」が中心の判定になっており、英語の4技能すべてを測定する試験はほとんど行われていませんでした。大学入試を主眼にした指導をしようとすると、小中高を通じて英語の4技能をバランスよく修め、コミュニケーション能力を育成する教育を行うことはなかなか難しいのが現状でした。
そのアンバランスさを改善するため、大学の入学者選抜においても英語力を総合的に評価できるテストの活用が提言されるようになりました。その方法として、「読む・聞く・書く・話す」という4技能を適切に測定するTOEFL®Testなどの外部の資格検定試験の活用も積極的に検討されています。

国内でも広がるTOEFL®Testの可能性

現在はまだ、大学入試におけるTOEFL®Testの活用はAO入試や推薦入試、外国人留学生入試などにとどまっており、一般入試ではほとんど利用されていません。しかし、上記の動きからもわかるように、今後の大学入試に本格的に導入され、TOEFL®Test大学入試が広く活用される可能性は非常に高まっています。
それに加えて、大学での単位認定や海外派遣専攻の目安として利用されることもありますし、なによりTOEFL®Testは自分の英語力を客観的に把握することができます。日本の大学を志望する方も、TOEFL®Testを受験するメリットは十分にあるといえるでしょう。

ワンポイントアドバイス
TOEFL®Testスコアで大学の単位が認定されることもある

大学生になってからもTOEFL®Testのスコアは活用できます。2012年の段階で、単位認定の条件としてTOEFL iBT®Testのスコアが活用できる大学は全体の約42%にのぼっています。大学によって、求められるスコアや認定される単位数は違いますが、基準となるスコアは60点前後からです。
高いスコアを持っていればかなりの大学で単位が認定されますし、スコアが高ければ認定される単位が増える場合もあります。例えば早稲田大学国際教養学部ではTOEFL iBT®Testのスコア100点以上で2単位が認定、明治大学政治経済学部ではTOEFL iBT®Testのスコアが71点(PBT換算で527~530)で2単位が認定、九州大学ではTOEFL iBT®Testのスコアが88点以上で英語の2科目の単位が認定されます。 志望する大学で単位認定にTOEFL®Testが活用できるかどうか、ぜひ確認してみましょう。

学習アドバイザー 上野麻梨子

関連記事

TOEFL®Testとは?

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学に必要なTOEFL®Test対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「海外でどんな学問を学びたいか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。 中学生・高校生向けTOEFL®Test対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00〜12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

無料体験・入会申込

お問合せ・資料請求

※ この記事でご紹介している内容は2015年7月現在の情報に基づいています。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます