TOEFL®Test対策基礎知識
ホーム TOEFL®Test対策基礎知識 進級前にチェック!2020年版・TOEFL®テストの受検日・申込方法

進級前にチェック!2020年版・TOEFL®テストの受検日・申込方法

TOEFL対策基礎知識

4月に進級、進学を控えた学生の皆さんの中には、新年度を迎えたら英語の資格・検定試験の受検をしたい!と考えている方もいるのではないでしょうか?海外大進学を目指す場合は、基本的にTOEFL®テストやIELTS等の英語テストのスコアが必要になりますが、最近では英語テストは留学のためだけのものではありません。国内大学でも、グローバル系の大学は入試に外部試験を採用するところがほとんど。グローバル・国際系ではない学部でも、英語テストのスコアを入試に採用しているところが増えています。

英語テストの受検を考える際は、早めにテスト対策を始めるのももちろん大切ですが、「受けたい!」と思ったときにスムーズに申し込めるように、あらかじめスケジュールや手順などを確認しておくことも重要なこと。進級・進学前に、まずは2020年度のTOEFL®テストの試験日程や申し込み方法をチェックしておきましょう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)による公衆衛生上の問題で、日本でもいくつかのテストセンターが閉鎖されています。(2020年2月28日現在)今後、さらに日程や会場に変更がある可能性がありますので、申し込む場合はETSやCIEEの公式サイトを必ず確認してください。

2020年版・TOEFLテストの受検日・申込方法

2020年度 TOEFL iBT®テストの試験日程(2020年3月6日時点)

現在、日本で実施されている個人受検が可能なTOEFL®テストは、大学レベルの英語を使用および理解する能力を測定する「TOEFL iBT®テスト」、11 歳以上の学生を対象とした「TOEFL Junior® テスト」、8 歳以上の学生を対象とした「TOEFL Primary® テスト」の3つです。

TOEFL iBT®テストは月2-5回、年間40回以上実施されています。テストは何度でも受けることができますが、次回の受験まで3日間あける必要があります。今回は、2020年3月以降に日本で行われるTOEFL iBT®テストについて、2020年3月1日現在で発表されている試験日をご紹介します。

■2020年実施予定日

3月 7日(土)、14日(土)、28日(土)
4月 11日(土)、18日(土)、26日(日)
5月 10日(日)、16日(土)、24日(日)、30日(土)
6月 13日(土)、14日(日)、20日(土)
7月 4日(土)、5日(日)、11日(土)、18日(土)、25日(土)
8月 2日(日)、8日(土)、22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
9月 6日(日)、12日(土)、26日(土)、27日(日)
10月 10日(土)、17日(土)、24日(土)、31日(土)
11月 7日(土)、14日(土)、15日(日)、21日(土)、29日(日)
12月 5日(土)、6日(日)、12日(土)、19日(土)、20日(日)

【参考ページ】:テスト日程・会場|CIEE

※テスト日は、主催団体ETSの判断により予告なく変更(追加・削除)される可能性があります。また、申込締切日前でも会場が満席になった時点で申込締切になります。
※TOEFL iBT®テストを再度受検する場合は、受検間隔を中3日(受験日含まない)空ける必要があります。
※申込締切は各テスト日の7日前(中6日)です。
※全てのテスト日に全ての会場でテスト実施があるわけではありません。 

2020年度TOEFL iBT®テストの試験会場(2020年3月6日時点)

TOEFL iBT®テスト実施予定会場の詳細は、下記のTOEFL iBT®テスト予約センター(TOEFL iBT® Regional Registration Center〔RRC〕/プロメトリック株式会社)のWEBサイトから確認することができます。地域ごとに掲載されていますので、お住まいの地域ではどこで受検できるかぜひ確認してみましょう。

【参考ページ】:TOEFL iBT®試験会場/ TOEFL iBT® TESTING CENTER|プロメトリック

※全会場で全日程のテストが実施されるとは限りませんのでご周囲ください。また随時、追加・変更される場合があります。
※申込締切日前でも、会場が満席になった時点で申込みは締切となります。

※具体的なテスト日およびテスト会場は、ETSのTOEFL®テスト公式サイト「Find Test Centers and Dates」で検索できます。

【参考ページ】:Find Test Centers and Dates|ETS

TOEFL iBT®テスト受験料/その他料金・申込み締切日

TOEFL iBT®テストの申し込みは「オンライン」「電話」「郵送」の3つの方法があります。オンライン・電話での申し込みは通常、テスト日の7日前までに行います(郵送申し込みの場合はテスト日の4週間前までに必着)。通常の申込締切日以降に申し込みをすることも可能ですが、別途手数料が必要となります。また、テスト申込完了後にテスト日やテスト会場を変更する場合は、決められた期日までであればオンラインか電話で手続きをすることができます(変更手続きには別途費用がかかります)。

日本におけるTOEFL iBT®テストの受験料・その他料金と申込締切日は以下の通りです。(2020年3月1日現在)

手続きの種類 料金 締切日
受験料(*1) 通常の申込み US$235 【オンライン/電話】 テスト日の7日前まで(中6日)
【郵送】 一番早いテスト希望日4週間前必着
通常の申込み締切以降 US$275(*2) 【オンライン】 テスト日の2日前まで(中1日)
【電話】 テスト日の前営業日17時まで
テスト日・会場変更 US$60 【オンライン】 テスト日の4日前まで(中3日)
【電話】 テスト日の4日前まで(中3日)
※RRC予約センター(*3)が非営業日の場合は直前の営業日
キャンセル払戻 受験料の50% 【オンライン】 テスト日の4日前まで(中3日)
【電話】 テスト日の4日前まで(中3日)
※RRC予約センター(*3)が非営業日の場合は直前の営業日
スコアレポート送付手続き 1 件につきUS$20 ※テスト日以降のスコアレポート送付手続料金(テスト前日午後10時までは4校まで無料で送付手続をすることが可能)

*1 受験料は国によって異なります。
*2 US$235+手数料US$40
*3 RRC予約センター【TOEFL iBT® Regional Registration Center(RRC)】: プロメトリック株式会社 RRC予約センター TOEFL iBT®テスト係

※受検料および手数料は予告なく変更される可能性があります。最新情報はETSのTOEFL®テスト公式サイトもしくはCIEEの公式サイトでご確認ください。

【参考ページ】:受験料|CIEE

TOEFL iBT®テストの申込方法、事前準備情報

日本の会場でTOEFL iBT®テストを個人受験する際は、以下のような手順で申し込みます。実際の受検申込みまでに準備しておくことがありますので、余裕をもって受検計画を立てることをおすすめします。

  • 【ステップ1】 Bulletin(受験要綱)を入手し、内容を確認する
  • 【ステップ2】 身分証明書(ID)の準備・確認を行う
  • 【ステップ3】 ETSのTOEFL®テスト公式サイトでMy Home Page(個人アカウントページ)を作成する〔無料〕
  • 【ステップ4】 申込み・支払い方法を確認・準備する
  • 【ステップ5】 オンライン・郵送・電話のいずれかの方法で申し込む

[各ステップの詳細]

【ステップ1】Bulletin(受験要綱)を入手し、内容を確認する

Bulletinとは全世界共通のTOEFL iBT®テストの受験要綱で、すべて英語で書かれています。TOEFL iBT®テストの申し込みや受験に必要なID・受検上の注意など重要なことがまとめられていますので、申し込む前には必ずこのBulletin(受験要綱)を熟読し、受験時や受験後に慌てることのないように理解しておく必要があります。申し込み手続きをする際は、Bulletin(受験要綱)のすべての条項に同意したものとみなされます。

BulletinはETS・TOEFL®テスト公式サイトから入手できます。

【参考ページ】:2019–2020 Information and Registration Bulletin for the TOEFL iBT® Test

【ステップ2】身分証明書(ID)の準備・確認を行う

TOEFL iBT®テストの受験には、ETSの定める有効な身分証明書(ID)が必要となります。
日本国内で受験する場合、以下3パターンのID(テスト当日に有効期限内かつ原本に限る)が有効となります。必ず事前に確認し、テスト当日は忘れずに持参しましょう。テスト当日にETS規定のIDを提示できなければいかなる理由があっても受験は許可されず、返金も一切ありませんので注意してください。

■認められる身分証明書(ID)

1)[1点で有効]
パスポート(テスト当日に有効期限内かつ原本に限る)

2)[2点(A+B)で有効]
A:Confirmation of Identity Letter(発行日より1年間のみ有効)
B:運転免許証・個人番号カード・住民基本台帳カード・外国人登録証明書・在留カード・特別永住者証明書(いずれか1点・すべて顔写真付きの場合のみ有効)

3)[2点(A+B)で有効](日本国籍者のみ)
A:学生証(署名・顔写真付きの場合のみ有効・日本国内の中学、高校、高専、大学、公的機関が設置する職業訓練校および都道府県知事が認可する専門学校が発行するものに限る)
B:運転免許証・個人番号カード・住民基本台帳カード(いずれか1点・すべて顔写真付きの場合のみ有効)

※ETSのTOEFL®テスト公式サイト上に作成した「My Home Page」に登録されている氏名と当日提示するIDの氏名のスペルが完全に一致している必要があります。
※保険証、クレジットカード、公証文書、社員証等、Bulletin(受験要綱)規定以外のものは認められません。

【ステップ3】ETSのTOEFL®テスト公式サイトでMy Home Page(個人アカウントページ)を作成する〔無料〕

TOEFL iBT®テスの申し込みには、ETSのTOEFL®テスト公式サイト上に無料で作成できるMy Home Page(個人アカウントページ)が必須となります。受験スケジュール・会場確認、受験申込、スコア確認、スコアレポート送付依頼などは「My TOEFL Home」上で行います。

※My TOEFL Homeに登録する氏名のスペルは、テスト当日に持参するIDに記載されている氏名と必ず一致させてください。
※My TOEFL Homeの作成後、氏名・生年月日の変更はできませんのでご注意ください。
※未成年者の申込には、保護者の同意が必要です。

●My Home Page(個人アカウントページ)作成方法

  • (1)ETSのTOEFL®テスト公式サイト (www.ets.org/toefl) にアクセスし、ページ右上の「ETS Account」をクリックします。
  • (2)ログイン画面右上の「Language Preference/言語設定」から「Japanese」を選択すると日本語表示になります(ただし、全て半角英数字で入力してください)。
  • (3)画面下部「新しいユーザー」の「アカウントを作成する」をクリックします。
  • (4)【プロフィール情報の入力】「*」印が付いている項目は必須項目です。必要事項を入力し、「次へ」をクリックしてください。
  • (5)【追加情報の入力】「*」印が付いている項目は必須項目です。必要事項を入力し、「次へ」をクリックしてください。
  • (6)【TOEFL検索サービスの入力】大学、大学院などの教育機関と入学志願者のマッチングサービス「TOEFL Search Service」への登録をご希望の方は、「利用規約」をご確認の上、同意のチェックをしてください。登録をご希望の方は次ページで「背景情報」を入力してください。
  • (7)【ユーザー名とパスワードの入力】「*」印が付いている項目は必須項目です。必要事項を入力し、「確認書」をご確認後、同意欄にチェックをし、「次へ」をクリックしてください。
  • (8)【レビューおよび送信】登録内容に間違いがないか再度確認し、「送信する」をクリックしてください。
  • (9)「My TOEFL Home」が完成です。各受験者に付与されるETS IDはページ右上に記載されています。作成後は「ユーザー名」「パスワード」を入力し、「サインイン」をクリックするとログインできます。ユーザーネームとパスワードは、忘れないようにしてください。

【参考ページ】:My TOEFL Homeの作成|CIEE

●My Home Page(個人アカウントページ)を作成すると利用できる機能

  • •TOEFL iBT®テス会場・実施スケジュールの最新情報の確認
  • •テスト予約
  • •申込済みテスト日の変更・キャンセル
  • •スコアの確認
  • •志望団体へのOfficial Score Reportsの送付手続き
  • •テストに関する規約の確認
  • •特別な配慮の確認(該当者のみ)
  • •登録した個人情報およびパスワードなどの更新

※テスト申込をする予定がなくてもMy Home Page は誰でも作成が可能です。

【ステップ4】申込み・支払い方法を確認・準備する

TOEFL iBT®テスの受検申込み方法は、オンライン、電話、郵送の3種類です。申込方法によって、利用できる支払方法が異なりますのでご注意ください。

オンライン 電話 郵送
クレジットカード
PayPal Account × ×

※クレジットカードはVISA®、MasterCard®、American Express®、Discover®、JCB®、China Union Pay®、Diners Club®のみ利用できます。本人名義でなくても、カード所有者の了承を得ていれば使用可能です。
※銀行、クレジット(デビット)カード会社によって支払を却下された場合、手数料US$20がかかります。
※オンラインでの申込みやスコアレポートの追加送付手続などのサービス利用時には、ドル建て以外に日本円でも支払が可能です。対応クレジットカードは、VISA®、MasterCard®のみです。なお日本円によるTOEFL®テスト受験料の支払額は毎日の外国為替レートに基づいています。

【ステップ5】オンライン・郵送・電話のいずれかの方法で申し込む

受験申込みは通常、テスト日の約6か月前より可能です。オンライン、電話、郵送のいずれかの方法で申し込みます。オンラインであれば、My Home Page(個人アカウントページ)から24時間いつでも申し込むことができるので便利です。
※未成年者の申込には、保護者の同意が必要です。

●オンラインでの申込み

(1)My TOEFL Homeにログイン
(2)「登録/テスト会場、試験日の検索(Register / Find Test Centers, Dates)」から希望のテスト日、会場を選択
(3)必要情報を入力し、クレジットカードまたはPayPalで支払い
(4)申込後、「今後のテスト(Upcoming Tests)」で申込内容確認

●電話での申込み

(1)以下3点を用意し、RRC予約センターへ電話
・テスト当日持参する身分証明書
・クレジットカード
・ETS ID(My TOEFL Home右上に記載)
(2)申込手続後、My TOEFL Homeの「今後のテスト(Upcoming Tests)」で申込内容確認

●郵送での申込み

(1)「TOEFL iBT® Test Registration Form」に必要事項を記入し、RRC予約センターへ送付
(2)確認書が届いたら、My TOEFL Homeと併せて申込内容確認
(確認書が届かない場合は、RRC予約センターに確認してください)

≪注意≫

テスト当日は、「予約番号」が記載されたページを印刷して持参することが必要です。
※「My TOEFL Home」の「テスト」内「今後のテスト(Upcoming Tests)」にある「表示/修正」をクリックした画面に表示されます。

TOEFL iBT®テストは狙いを絞ってスコア対策を!

海外の大学に進学する際には、ほとんどの国で英語力の証明として受け入れられているTOEFL iBT®テスト。近年は日本国内の大学でも入試に活用できるところが増えており、今後はさらに需要が増えていくことが予想されます。
受検申込みやスコアレポートについてのポリシーが次々と受検者にとって便利に改訂されており、日本でもますます受検しやすくなってきています。以前は4日前までだったオンライン申込みの締切が、テスト実施日の2日前まで可能になっていますし、2020年2月13日、2月15日からはテスト終了後に「Reading」および「Listening」セクションのスコアを、すぐに画面上で閲覧できるようになっています。

受検する場合は、まず試験の日程や申し込み手順をしっかり確認することから!自分が受検する会場・スケジュールを決めたら、確実に申し込みをし、試験日に向けて十分なスコア対策をしていきましょう。TOEFL iBT®テストは独特の形式なので、慣れない場合はかなり苦戦することもあります。ハイスコアを獲得するためには、あらかじめTOEFL iBT®テストに狙いを絞って対策をしていくことが大切になります。

※この記事でご紹介している内容は2020年3月6日現在の情報に基づいています。
※最新情報は、ETSのTOEFL®テスト公式サイトやCIEEのホームページ等でご確認ください。

ベネッセの「Global Learning Center(グローバルラーニングセンター)」では、海外留学、海外大学進学、国内の英語に強い大学への進学に必要なTOEFL®テスト対策をはじめとする英語力アップ講座をオンラインでご提供しています。 さらに、「将来、海外で活躍するためにどんな学問を学ぶか?」「自分に合った海外留学は?」「日本の大学とどう併願すればよいか」といった進路や学習の悩みについても、専門のカウンセラーがアドバイス。中学生・高校生向けTOEFL®テスト対策講座「GLC」の少人数制のグループ学習プログラムで夢に近づく一歩を踏み出しませんか?

お電話でのお申し込み

0120-385-149

(通話料無料)

受付時間 10:00~12:00
※携帯・PHSからもご利用いただけます

オンラインでのお申し込み

入会申込

お問合せ・資料請求

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます