合格体験記

ホーム 合格体験記 慶応義塾大学(東京)進学 藤井 あまね

慶応義塾大学(東京) 進学

情熱的な仲間から刺激を受けながら、英語の本質とテクニックを学べました!

fujii_amane
DATA
藤井 あまね さん
  • 受験タイプ:国内大 専願
  • 合格校:慶応義塾大学/立教大学
受講クラス
受講クラス:計2クラス

1. TOEFL iBT®Test 対策講座 中級
2. Academic Speaking Plus

受講のきっかけ 

最初は、国内国際系大学を受けるつもりでTOEFL iBT対策塾を探していたので、学校の近くにあるベネッセの※お茶の水ゼミナールの体験に行きました。そこで、「TOEFL iBT®Test対策講座 中級」の体験授業を受け、これなら力が伸ばせると感じて入会を決めました。その後、オンラインのGLCも、追加で入会しました(※お茶の水ゼミナールではGLCと同じ授業を対面で行っています)。

受講して感じた魅力

受講して感じた魅力は、TOEFL iBTスコアが飛躍的にUPしたことです。高2の冬はTOEFL iBTのスコアが55点だったのですが、高3の夏には74点に上がりました。特に伸びたのがListeningとWritingで、中でも海外ドラマを(1)字幕なし→(2)英語字幕あり→(3)日本語字幕ありで見る方法がスコアUPに大変役立ちました。(1)ではリスニング力、(2)はリーディング力を鍛え、(3)最後に細部のチェックするという流れです。
また、Writingでは与えられたトピックに対してひたすら書く、という自己流スタイルをやめて、基本のストラクチャーを押さえることを大切にしました。IntroductionとConclusionを書いてからBodyを膨らますことで点数が伸びました。英語の本質と、TOEFL iBT高得点のために必要なテクニックを教えてくれるのがGLCの魅力ですね。また、私が受験した慶應大学のAO入試の面接は英語だったのですが、授業で相手に向かって自分のことを話し続けるSpeaking練習がとても役立ちました。

これから受講する後輩の皆さんへ 

中高生のうちにGLCで勉強していると、大学で英語の授業や外部試験があっても「自分は先にスタートしているから大丈夫」と自信が持てると思います。GLCは生徒の意識が高くて、一緒にいるとモチベーションが上がりますし、英語に対する情熱をシェアできてとても良いと感じました。ただし、週1回のGLC授業に頼りきるのではなく、足りない部分の勉強はしっかりと行うことが大切だと思います。

通話料無料0120-385-149
受付時間:10:00〜20:00 ※携帯電話からもご利用いただけます