海外大学進学情報
  • 海外大学進学情報 THE大学インパクトランキング2020で、「社会貢献度が高い」大学がわかる!

    世界で最も権威があると言われる大学ランキングを作成・発表していることで有名なイギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(以下、THE)」が、2020年4月22日に「THE大学インパクトランキング2020」を発表しました。昨年から発表が始まったこのランキングは、大学の社会貢献の取組みを国連のSDGs(エスディジーズ)の枠組みを使って可視化したもの。今回のランキングでは、新たに指標として6つの項目が追加され、SDGs の17項目すべてで参加できるようになりました。新たな指標で順位がどのように変動したかに注目しながら、世界と日本のランキングをご紹介します。

  • 海外大学進学情報 将来への可能性が広がる!国内・国外大の併願受験5つのメリット

    いまだ世界中で続く新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今後、日本を含めた世界各国の大学入試がどうなっていくかは不透明な状況にあります。昨日までの「絶対」が意味を持たなくなりつつあるこんな時期だからこそ、自分の未来を決める進路には多様な選択肢を持っておくことをおすすめします。「絶対に留学したい」「どうしてもこの大学に行きたい」と受験校を絞るのも決して間違いではありません。ただ、国内大、海外大の両方を含めた併願受験という対策はリスクヘッジになるのはもちろん、それだけでなく自らの将来を見据えた視野を広げることにもつながり、最終的にベストな選択を導き出せる可能性を高める方法でもあるのです。今回は、併願受験のメリットと対策を具体的にご紹介します。

  • 海外大学進学情報 「英語で」学ぶ学部 2021年度最新情報① 早稲田大学 国際教養学部(SILS)

    高校卒業後の自分の進路を考えていく中で、やはり一番重要なのは、自分が何をやりたいのか、将来は何を目指したいのか、ということ。「もっと英語力を磨きたい」「世界で活躍するために必要な分野をしっかり学びたい」…そんな思いを抱いているのならば、海外留学への挑戦ももちろん素晴らしい選択肢ですが、国内のグローバル系大学という道もあります。

  • 海外大学進学情報 新型コロナ影響下でどうなる?留学奨学金・給付金最新ニュース

    そろそろ来春からの進路を本格的に決定しようとされている方もいらっしゃる時期でしょうか?海外大には憧れるけど、海外への渡航費や授業料、生活費、新型コロナ禍の影響…などが気になり、選択肢から留学をはずそうとしている人も少なくないのでは。そんなとき、金銭面で大いに心強いのが「奨学金」の存在です。進路選択を改めてじっくりと考えるこの時期、今回は現時点での海外奨学金の最新情報をお伝えします。海外大への進学に活用できる奨学金の内容やスケジュールは、例年と変わっていたり、今後について不透明なところもあったりしますが、引き続き年間を通して募集は行われると考え、自分がチャレンジできる制度がありそうかをしっかりチェックしてください。

  • 海外大学進学情報 留学生への手厚さが魅力!オーストラリア留学10のメリット

    「海外留学」を初めて考えてみるとき、多くの人が最初に迷うのが「どの国に留学するか?」ということではないでしょうか?「英語を学びたいから、英語圏に行きたい」というぐらいの漠然とした希望はあったとしても、世界には英語を公用語とするたくさんの国が…。「●●の国で(もしくは〇〇大学で)、▲▲が学びたい!」とはっきり決まっている人以外は、迷ってしまうのも当然といえるでしょう。
    そこで今回からは、隔月に1回「留学するメリット」をご紹介するシリーズをお届けします。それぞれの国に留学するメリットがわかれば、行ってからの自分をイメージしやすくなるはず。初回は、「オーストラリア」に留学することのメリットを10にまとめてご紹介します。

  • 海外大学進学情報 多様な進学ルート、どれが自分に合っている?ーアメリカ型編ー

    海外留学を考え始めた受験生の皆さんが直面しがちな、「どの進学ルートを選べばいい?」という疑問を解決するため、進学方法や学び方の違いを解説するシリーズの後編。今回取り上げるのは、とにかくフレキシブルな学びが可能な「アメリカ型」のシステム。進学ルートも多様で、自分でがんばればがんばるほど選択肢が広がるのが特徴です。

  • 海外大学進学情報 多様な進学ルート、どれが自分に合っている?ーオーストラリア型編ー

    世界の多く国々では、あらゆる状況の学生を受け入れるべく、柔軟な教育制度が用意されています。もちろん、海外からの留学生を迎える仕組みも、国家や地域の状況に合わせて様々に整えられています。ですが、そのため国によって教育や留学のシステムが異なり、少々複雑だと感じる人も多いのではないでしょうか?そうした、「海外で学んでみたいけど、英語力が足りないのでは?」「どの進学ルートを選べばいい?」という、留学を考え始めた受験生がまず直面する疑問を解決するため、進学方法や学び方の違いをシリーズで解説していきます。
    今回はシリーズ前編として、「オーストラリア型」の進学システムについて、ご紹介します。

  • 海外大学進学情報 進学ルートはたくさん!英語力が不安でも留学OKな3つの理由

    海外留学には憧れるけど、それって英語が得意な人だけの進路でしょ?そもそも英語に自信がないから、留学はむずかしいのでは…と思っている人は、意外と多いのではないでしょうか。でも、「英語に自信がないから」などという理由で、海外で学ぶことをあきらめるなんてもったいない!海外の多くの国には留学生を受け入れるための柔軟なスタイルが整えられていて、英語に不安があっても多数の進学ルートから自分に合ったやり方を選びつつ、留学に臨めるチャンスがたくさん用意されています。今回はとくに、「英語力が不安でも大丈夫」な理由を3つにまとめてご紹介します。

LINE UP

海外、国内を問わず、グローバルな進路を実現する
学習プログラムをご用意しています