#アメリカ
  • MOVIE 【動画記事】パンフレットには載らない!大学情報 ウェズリアン大学編「リベラルアーツ・カレッジにぼくがこだわった理由」

    なにかと情報が限られている、アメリカのリベラルアーツカレッジ。実際に通っている先輩に中の人でしかわからない自慢ポイント・マニアックポイントを聞きました!先輩がどんなところにその良さを感じているか、またそのなかでもウェズリアン大に決めた理由からも、「パンフレットではわからない」特徴が見えてきます。

  • 海外大生体験談 パンフレットには載らない! 我が校の濃すぎる特徴・裏話③ ~スプリングフィールド大学~

    海外の大学に行くことを想像する時に“何を学びたいか”は大切ですが、学業以外にも“どんな学生生活や活動をして過ごしたいか”も考えますよね。事前に学校ごとのユニークな特色も知っておけば、行きたい学校の選択肢も広がるのではないでしょうか。今回は、Daiki T.先輩にスプリングフィールド大学について語っていただきます。スプリングフィールド大学は、アメリカのイリノイ州にある公立リベラルアーツカレッジで、スポーツや健康学の学科などが有名で体も健康に勉学に励める教育環境が整っているそうです。学業と部活の両方が際立った大学の特徴をDaiki T.先輩がご紹介くださいます。

  • 海外大生体験談 パンフレットには載らない! 我が校の濃すぎる特徴・裏話② ~カリフォルニア大学バークレー校~

    進学先を検討する時に学校の基本的な情報は、パンフレットなどで調べることができますよね。でも、それぞれの学校には、パンフレットでは語られない雰囲気があったり、面白い教授や興味深い学生たちが存在していたり、他にも魅力がたくさんあります。そんな情報をお届けする“特徴&裏話シリーズ”の2回目。今回は、アメリカのカリフォルニア大学を卒業したHaruka.T.先輩に大学の自慢ポイントや友人関係などを語っていただきます。

  • 海外大学進学情報 【’21/4/9更新】アメリカの大学入試に必須のSAT®/ACTの成績は、コロナ禍でどう反映される?

    新型コロナウイルスのパンデミックによる影響が、いまだ続いている海外大入試。アメリカでは、2020年に学校の休校・SAT®/ACTなどの標準化テストの中止があったことなどから、2020ー2021年の出願要件としてSAT®やACTのスコア提出を必須としない大学が増加しました。この対応は2021年秋以降も続く傾向がありますが、2020年の入試の状況から見えてきたこともあります。今回は、アメリカの大学入試について、SAT®/ACTに関する話題を中心に、最新情報をお伝えします。

  • 海外大生体験談 私の海外大生活~楽あり↑・苦あり↓⑤〜

    先輩たちの海外大生活での苦楽を振り返っていただくシリーズも今回で最終回。最後は、アメリカで工学を研究しているYotaro S.先輩です。アメリカで勉学に励む中、思わぬ怪我をしてしまった苦労からどのような学びを得たのか語っていただきます。

  • 海外大生体験談 私の海外大生活~楽あり↑・苦あり↓④〜

    先輩たちが長い海外大生活の中でどんな苦労した時期、最高だった時期を出来事とともに振り返り紹介してくれるシリーズも4回目となりました。今回は、アメリカでリベラルアーツを学ぶために海外の道を選んだYuka T.先輩に登場いただきます。好奇心を常に持ち、幅広い活動をされてきた先輩の“苦楽とは?“を語っていただきます。

  • 海外大生体験談 私の海外大生活~楽あり↑・苦あり↓③〜

    海外大学生活での“苦労や失敗”、そして逆の“最高の時”を5人の先輩たちに振り返っていただいきシリーズでお届けしています。3人目の先輩は、アメリカに進学し、現在は日本で社会人として活躍されているDaiki.T先輩です。進学中の勉強、部活、寮生活にどんな出来事があったのかを語っていただきます。

  • MOVIE 【動画記事】留学した先輩の海外大楽あり↑苦あり↓Vol.2「好調期きた!」と思ったらコロナ禍。どんなふうに立て直した?

    もうすぐ海外大卒業のHayate先輩。その道のりは決して平坦ではなかったはず。そこで、自らのバイオリズムを作成してもらい「苦」「楽」それぞれのトップピークについて語っていただきました。
    Vol.2は、自分の居場所もでき絶好調!と思いきや、突然のコロナ休校でショック!
    当時の状況や、それでも4年生になって再びピークを迎えられた先輩に、どんなことがあったのか、そしてどう乗り越えたのかを聞いてみました。

LINE UP

海外、国内を問わず、グローバルな進路を実現する
学習プログラムをご用意しています