#イギリス
  • 海外大学進学情報 多様な進学ルート、どれが自分に合っている?ーオーストラリア型編ー

    世界の多く国々では、あらゆる状況の学生を受け入れるべく、柔軟な教育制度が用意されています。もちろん、海外からの留学生を迎える仕組みも、国家や地域の状況に合わせて様々に整えられています。ですが、そのため国によって教育や留学のシステムが異なり、少々複雑だと感じる人も多いのではないでしょうか?そうした、「海外で学んでみたいけど、英語力が足りないのでは?」「どの進学ルートを選べばいい?」という、留学を考え始めた受験生がまず直面する疑問を解決するため、進学方法や学び方の違いをシリーズで解説していきます。
    今回はシリーズ前編として、「オーストラリア型」の進学システムについて、ご紹介します。

  • 海外大学進学情報 【緊急 新型コロナウイルス情報】各大学の留学生対応は?ーアメリカ・イギリス編ー

    現在、日本を含む全世界での新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴い、多くの国で入国制限や検疫の強化、ビザ発給の停止、海外への渡航制限など様々な対策が行われています。海外で学んでいた多くの留学生も、帰国を余儀なくされているのが実情です。留学中の方、留学を予定されていた方は不安が尽きない状況におかれているでしょうが、新型コロナウイルスによって教育が分断されているわけでは決してなく、ほとんどの大学がオンライン授業、録画授業、遠隔テストなどで対応しています。日々刻々と状況が変化する中ではありますが、各国・各大学の対応やサポート体制など、しっかりと最新の情報を収集し、自分はどうすればいいのかを見極めていきましょう。

  • 海外大学進学情報 【緊急 新型コロナウイルス情報】海外大入試は何が変わる?どう対策する?

    現在、世界で猛威をふるい続けている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。収束の兆しがなかなか見えない今、受験生としてはどんな対策をしておくべきか、迷っている方も多いのではないでしょうか?世界的に大流行中のコロナウイルスは、海外大の入試システムさえも変えてしまいつつあります。多くの大学が2021年秋入学に向けた入試方法の再検討を表明し、入試に必要なテスト自体も受検方法の変更を検討し始めているのが現状です。まずはここで一度、海外大入試に関する最新の動向をチェックして、「アフターコロナ」に備えて今できることをしておきましょう。

  • 海外大学進学情報 進級前にチェック!2020年版・IELTSの受検日・申込方法

    まもなく4月、新年度を迎えるにあたって、進級・進学を控えた学生の皆さんに向けたシリーズとして、2020年の英語の資格・検定試験の日程等をご紹介しています。今回、取り上げるのはIELTS。TOEFLテストと並んで、世界中で広く認められている英語能力テストです。イギリスをはじめとした海外留学を視野に入れている方はもちろん、自分の英語力をもっと伸ばしたい方や、今の英語の実力を確認してみたい方も、ぜひ受検を検討してみましょう。まずは、日本で受けられるIELTSの試験日程や申し込み方法などをしっかりチェック!

  • 海外大学進学情報 お国柄が出る? ユニークな学部・学科を持つ大学 ~イギリス編2~

    世界の国や地域、都市による特徴が色濃く出ているユニークな学部・学科を持つ大学を取り上げ、大学ランキングにとらわれず、自分が本当に興味・関心のある分野を大学選びの観点の1つとして持っていただくことを目指して展開してきたこのシリーズ。日本の大学ではなかなか深く学べないような、興味深い学問も多かったのではないでしょうか。今回はシリーズの最後として、「イギリス編」の後編をお届け。各地の風土・産業や文化に根付いた学部・学科をもつアメリカの大学5校をご紹介します。

  • 海外大学進学情報 お国柄が出る? ユニークな学部・学科を持つ大学 ~イギリス編1~

    世界各国にある大学は、それぞれの国や地域、都市によって特徴が異なり、日本の大学ではなかなか深く学べない内容の学問を提供している学校も数多くあります。海外留学を考える際には、大学ランキングのみにとらわれず、自分が本当に興味・関心のある分野を大学選びの観点の1つとして持つことが非常に大切です。後悔しない留学・大学選びの手助けとなるよう、“国によって特徴的かつユニークな学部・学科をもつ大学”を紹介している本シリーズのラストは、「イギリス編」を前編・後編に分けてお送りします。今回は前編として、各地の風土・産業や文化に根付いたユニークな学部・学科をもつイギリスの大学を、5校ご紹介します。

  • 海外大学進学情報 こんなに違う!イギリスとアメリカの大学教育制度を徹底比較

    高校生・大学生の海外留学先として、日本で最も多く選ばれている国はアメリカ。それと並んで、長きに渡って日本で高い人気を誇っているのがイギリス留学です。どちらも質の高い高等教育機関や優れた研究施設が数多くあり、英語圏での留学先として非常に有名なアメリカ・イギリスの2国ですが、この2つの国の教育制度は同じ英語圏でも似ているようでかなり違います。今回は、アメリカとイギリスの大学教育制度を比較してみます。特徴的な2国を比べてみることで、自分に合った留学先を見定めるためのポイントを知ることができるのではないでしょうか。

  • 海外大学進学情報 オックスフォード大学が新しい研究機関を設立!

    イギリスの高等教育専門誌「Times Higher Education(THE:タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)」が毎年発表している「THE世界大学ランキング」では直近の4年間連続で1位を獲得するなど、誰もが知る“世界のトップ大学”として君臨しているイギリスのオックスフォード大学。最先端の研究、優れた教育で世界の高等教育をリードし続ける同大学で、新たに人文科学の研究機関が設立されることが明らかになりました。はたしてどんな研究を行うのでしょうか?今回は、名門・オックスフォード大学が設立する新研究機関についてご紹介します。

LINE UP

海外、国内を問わず、グローバルな進路を実現する
学習プログラムをご用意しています