海外大学進学情報
  • 海外大学進学情報 海外大研究シリーズ オーストラリア編① メルボルン大学

    いまだ全世界を覆うコロナ禍は終息せず、予断を許さない状態が続く昨今。海外の大学を直接訪問し、自分の目で見てくることがなかなか難しい状況が継続しているため、「海外進学・留学ラボ」では、世界の人気大学を中心に「そこが知りたい!」と思うポイントをまとめた海外大学研究シリーズをお届けしています。

  • 海外大学進学情報 【2021版】入試のアプリケーションにも使える!今人気の課外活動「模擬国連」とは?

    2021年、現在のコロナ禍の中で、海外大入試でPRできる「課外活動」に関する情報をお届けしているシリーズの3回目。今回は、より具体的な活動例として「模擬国連」を取り上げます。「模擬国連」は、世界中の高校・大学において授業で採用されたり、学生の課外活動として行われたりしており、毎年数え切れないほどの国際大会も開催されています。海外大や国内グローバル大の願書に書きやすい課外活動として、もはや常連ともいえる「模擬国連」についてくわしく知っておきましょう。

  • 海外大学進学情報 【2021版】海外大・グローバル大入試でPRできる!アカデミック系課外活動の「受賞歴」とは?

    2021年のコロナ禍において、海外大入試でPRできる「課外活動」に関する情報シリーズ2回目。今回は、アカデミックな「受賞歴」について取り上げます。
    海外大の共通願書(コモンアプリケーション)などには、課外活動歴のほかに、アカデミックな受賞歴について記載する欄もあります。活動に参加したことで得た知識や能力などはもちろんアピールの材料になりますが、「受賞」となればそれ以上。コロナ禍で一部状況が変わっているものもありますが、国際大会や全国大会での受賞という経歴は、努力の結果としてわかりやすいため、引き続き入学審査官の目を引く効果的なアピールとなることが期待できます。

  • 海外大学進学情報 海外大受験時のアプリケーションに必要!「課外活動」は何をする?-2021コロナ禍Ver.-

    海外大学に出願するための書類には、ほぼ必ずといっていいほど「課外活動」を記入する欄があります。課外活動が評価される割合は大学によって異なりますが、とくにアメリカのトップレベルの大学や名門大学では、課外活動や受賞歴、エッセイなどの要素が合否判定において重要な役割を占める傾向があります。最近では国内大入試でも総合型選抜などの方式を中心に、課外活動の実績が徐々に重視されつつあると言われています。

  • 海外大学進学情報 カナダ留学に必要な渡航準備は?②-渡航のマスト手続き編-

    コロナ禍の今だからこそできる留学準備を進めていくために、国別の海外大進学・留学に関する情報をお届けしているこのシリーズ。前回に引き続き、カナダ留学に必要な渡航準備がテーマです。
    今回取り上げるのは、「カナダに渡航する際に必ず必要になる手続き」。現時点で、カナダに留学するために必要となるビザや保険などの特徴、取得方法などをまとめます。スケジュールとあわせ、注意すべきポイントなどをチェックしておくことで、留学できる!と決まったときの渡航準備も落ち着いて進められるでしょう。

  • 海外大学進学情報 カナダ留学に必要な渡航準備は?①-入試対策スケジュール編-

    コロナ禍の今だからこそできる留学準備をしていくために、このシリーズでは国別の海外大進学・留学に関する情報をお届けしています。今回はカナダシリーズの2回目として、実際にカナダに留学する場合の渡航準備について取り上げます。まずは、カナダの大学に入学するまでのスケジュールをチェック!カナダの大学は9月、1月、5月の入学時期に合わせて申請でき、ほとんどの学生が9月入学を選びます。この日程にあわせてどのように入試~渡航の準備をすればよいのか、必要なプロセスや目安となる時期を知っておくことで、人気の留学先にいざ行きたい!と思った時に慌てずに済みます。

  • 海外大学進学情報 カナダの大学選び〜ベストな志望大をみつけるチェック方法〜

    海外進学・留学ラボでは、コロナ禍の今だからこそできる留学準備をしていくために、国別の海外大進学・留学に関する情報をシリーズでお届けしています。今回からは、カナダシリーズがスタートです!カナダでは2020年末に留学生の渡航制限が緩和されたことで、現時点ですでに渡航を前向きに考えられるようになっています。そんなカナダについて、まず取り上げるテーマは「大学選び」。大学ランキングなどのデータに加え、「カナダならでは」の判断基準にも注目し、「自分にとってベストな大学」を選ぶ観点をご紹介します。

  • 海外大学進学情報 【’21/4/9更新】アメリカの大学入試に必須のSAT®/ACTの成績は、コロナ禍でどう反映される?

    新型コロナウイルスのパンデミックによる影響が、いまだ続いている海外大入試。アメリカでは、2020年に学校の休校・SAT®/ACTなどの標準化テストの中止があったことなどから、2020ー2021年の出願要件としてSAT®やACTのスコア提出を必須としない大学が増加しました。この対応は2021年秋以降も続く傾向がありますが、2020年の入試の状況から見えてきたこともあります。今回は、アメリカの大学入試について、SAT®/ACTに関する話題を中心に、最新情報をお伝えします。

LINE UP

海外、国内を問わず、グローバルな進路を実現する
学習プログラムをご用意しています